1. サカイク
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【応援コラムVol.5】子どもたちが笑顔でサッカーができる日まで...

震災復興応援プロジェクト

【応援コラムVol.5】子どもたちが笑顔でサッカーができる日まで...

2011年3月24日

キーワード:コラム応援プロジェクト

3月11日の地震以来、息子のサッカークラブ(東京都練馬区)も学校のグラウンドが利用できないため、練習が中止になっています。

1.jpg 「サッカーをしたい!!」

学校終了後、友達と走り回っているのに、雨天でもないのにサッカーができないストレスからか、少し乱暴な言動も見られるようになってしまいました。東京の子でこの状態です。 被災地にいる子どもたちのことを思うと、とても胸が痛みます。もちろん今はサッカーどころではありません。日々生きていくことで、精いっぱいだと思います。でも、きっと声にできないけれど「サッカーがしたい」と願っているはず。

これから復興に向けてのさまざまなことが行われます。街が落ち着いたら、子どもたちには、ぜひサッカーを再開して欲しい。ボールが蹴れれば、精神的に落ち着くことができます。子どもたちの笑顔が、周りの大人たちにパワーを与えてくれます。 お父さん、お母さん。猫の手も借りたいほど、やらなければいけないことが山積みでしょう。でも、子どもたちが「サッカーをやりたい」といったら、気持ち良く送り出して欲しいと思います。そして「楽しかった?」と話を聞いてあげてください。

被災した子どもたちの中に、未来のJリーガーや世界に羽ばたく選手の卵がいるはずです。 この震災で、子どもたちが夢や希望を失ってしまわないように...。子どもたちが笑顔でグラウンドを走り回ることができる日まで、サッカーキッズを持つ同じ親として、私もできるだけのお手伝いをしていきたいと思っています。

**************
kilohana 前田陽子・・・
中1、小5の息子がサッカー部に所属の東京在住のママライター。サッカー選手をはじめアスリート、著名人へのインタビューも多数

←Vol.4へ| |Vol.6へ→

<<『応援コラム』最初の記事へ

1

関連記事

関連記事一覧へ

震災復興応援プロジェクトコンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【応援コラムVol.5】子どもたちが笑顔でサッカーができる日まで...

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ