1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 子どもたちが「失敗したら恥ずかしい」を払拭し、挑戦するようになったきっかけ -しらゆり招待 オランダ遠征①-

考える力

2018年8月27日

子どもたちが「失敗したら恥ずかしい」を払拭し、挑戦するようになったきっかけ -しらゆり招待 オランダ遠征①-

キーワード:しらゆりシーガルスしらゆり招待コミュニケーション主体性考える力

「子どもたちの、子どもたちによる、子どもたちのためのサッカー大会」。それが『しらゆり招待サッカー大会』です。

FCしらゆりシーガルス(神奈川県伊勢原市)が主催し、準備、片付け、開会式、閉会式、大会運営、審判など、すべてを子どもたちが実施する大会で、2018年3月、しらゆり招待が海を越え、遠くオランダで開催されました。

その様子を2回に渡ってお届けします。
(構成、文:鈴木智之)

shirayuri1_01.jpg

しらゆり招待オランダ遠征 (写真提供:FCしらゆりシーガルス)

<<運営、審判、試合の作戦まで子どもたちだけで実行!しらゆり招待

■オランダ遠征をおこなった理由

大会の準備や当日の運営、出場する選手や作戦の決定、試合中の審判などすべてが子どもたち主体となって行われる「しらゆり招待サッカー大会」。神奈川県の伊勢原市で開催されるこの大会では、試合中コーチはベンチに入らず相手チームのコーチとコミュニケーションをとりながら試合を見守るのがルール。

また選手たちは自分たちも相手チームもみんなで上達する目的で、ハーフタイムに合同ミーティングを行い、お互いの良かった点や改善点を伝えあい、その後の試合に活かします。さらに、伊勢原市だけでなく、地元の学校や団体、観光協会、青年会議所などとも連携をとり町興しの一端を担っています。

そんな「しらゆり招待サッカー大会」ですが、今年はオランダでも開催することになった理由を、FCしらゆりシーガルスの一場哲宏監督は次のように説明します。

「しらゆり招待の『大会を通して、子どもたちが様々な立場を経験すること。自分で考え、主体的に行動する』というコンセプトが、サッカーが文化として根付いているオランダでも受け入れられるのか。どんな反応があるのかを知りたいと思っていたところ、縁があってオランダで開催できることになりました」

■大人が心に余裕を持つことが大事だと実感

大会の開会式は、FCしらゆりシーガルスの選手が英語で行い、審判、合同ミーティング、閉会式も日本で実施したときと同じ形で行いました。また、大会を行うだけでなく、現地の学校を訪問して授業に参加したり、スタジアムツアーや観光を通して文化の違いを肌で感じたりと、1週間の滞在で様々な国際交流をすることができたようです。

「学校に到着すると、すぐにしらゆりの選手とオランダの選手のストリートサッカーが始まりました。この時点で、外国人との間の壁は低くなっていると感じました。その後、学校の敷地や施設を英語で案内してもらい、体育の授業にも参加させてもらいました。教室では、しらゆりの選手が自分の名前をホワイトボードに漢字、カタカナ、ひらがなで書いて、自己紹介をしたのですが、1つの言葉を3つのパターンで表現できることにオランダの生徒は驚いていました」

外国の人々と交流することは、子どもたちだけでなく、コーチもたくさんの刺激を得たようです。

「英語での説明が聞き取れないことが多く、『もっと英語を理解できるようになりたい!』という気持ちになった子もいたようです。私が学校訪問で一番驚いたのは、朝の職員会議の風景です。先生がコーヒーを片手に、笑顔で談笑していたんです。これから1日の授業が始まるとは思えないぐらい楽しそうでした。私自身、サッカーを教える『教育者』としての役割もありますが、自分の心に余裕がないと、子どもを導いたり、サポートをすることもできないんだなと実感しましたね」

次ページ:「失敗すると恥ずかしい」を払拭できたきっかけ

1  2

「しらゆり招待」を主催するFCしらゆりシーガルス監督
一場さんのブログはこちら
https://kids-football.net/

しらゆり招待サッカー大会とは
しらゆりチャンピオンスポーツクラブ、FCしらゆりシーガルスが主催する小学生年代のサッカー大会。伊勢原市、学校法人伊勢原白百合学園が後援。

神奈川県伊勢原市で開催される「子どもが主役」を主旨として、子どもたちが主体的に大会を運営する大会。設営から試合の審判、片づけまですべて子どもたちの手で行い、大人はそれを見守りサポートする「子どもたちの、子どもたちによる、子どもたちのための」大会。

日本では、サッカーだけでなく人間性を育むための大会を行っているという事を伊勢原から世界に発信していく。

更にこの大会は、サッカーを通して地域を活性化させる狙いもある。伊勢原市観光協会は、民芸品や郷土料理を販売し、伊勢原・大山をアピール。県外からのチームは大山旅館組合の旅館に宿泊。伊勢原市の伝統工芸品「大山こま」の大会を伊勢原青年会議所と一緒に開催するなどたくさんの地元の企業・団体・商店がこの大会に関わっている。キッチンカーが何台も並び、単なるサッカー大会でないことが分かる。地元の高校生との交流もあり、スポーツと文化を通じての地域交流の場にもなっている。子どもの成長の場を、大人や地域がみんなで協力して支えている大会である。

大会情報はFCしらゆりシーガルスのFacebookで>>

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

構成、文:鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(288件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 子どもたちが「失敗したら恥ずかしい」を払拭し、挑戦するようになったきっかけ -しらゆり招待 オランダ遠征①-