1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 短所を見つけたときは、長所も見つけてバランスを整えよう

考える力

短所を見つけたときは、長所も見つけてバランスを整えよう

2015年2月13日

キーワード:しつもん尋問

まずは前回までの復習から。しつもんメンタルトレーナーの藤代さんは『サカイクワークショップ』で、子どもに質問するときに気をつけたい4つのポイントを教えてくれました。
 
【子どもが自ら考えるようになるしつもん4つのポイント】
1.書き出してみる
2.一人ひとり違う
3.先入観を捨てる
4.なにが問題なのかを知る
 
この4つのポイントを意識したうえで、実際に子どもと接する際に、どのようなしつもんを投げかけていけば良いのでしょうか。藤代さんに教えてもらいましょう。(取材・文 神誠 写真 田丸由美子)
 
DSC_4110_s.jpg
 
<<あなたの"当たり前"が、子どもの成長を阻害する可能性
 
 

■人間は欠けているところに目がいきがち

「解決したい課題、悩み、不安、また実現したいことを思い浮かべていただき、それらに取り組んでいる中で、何かうまくいっていることはありますか? どんな些細なことでも構いません。他の人と比べて考えることでもありませんので、ぜひうまくいっていることを探してお書きください」
 
うまくいっていることですか。そうですね、休みの日に息子と公園で遊ぶときに、私から勝負ごとを挑んで最初はわざと負けて、悔しいそぶりを見せながらも「次は負けないぞー」「パパは負けても頑張るぞー」と、あきらめない姿勢を演じていることでしょうか。様子をうかがいながらたまに息子を負かせて反応を見ますが、多少は受け入れられるようになっているかもしれません――。そんな"悩める父"の涙ぐましい努力に、グループのみなさんからは温かい拍手が(笑)。やがて、藤代さんがホワイトボードを指しながら話し始めます。
 
「ここに2つの円を書きました。子どもたちとワークするときにも必ず見てもらって質問するのですが、みなさんはどちらの円が気になりますか?」
 
shitsumon04_01-thumb-600x397-9961.jpg
 
「多くの子どもたちは『右の円』と答えます。『この欠けているところが気になる』と答えるわけです。このように僕たちは何も意識せずにいると、ついつい欠けているところに目が行ってしまいます。『うちの子は○○ができない』『なんで○○できないの?』という具合ですね。ところがそれが行きすぎると、本来はうまくいっているところまで見えなくなってしまいます。なので意識してバランスよく、自分や子どものうまくいってるところも探してあげていただきたいなと思います。
 
僕自身、サッカーコーチとして苦い思い出があります。最初に担当した小学校1,2年生は試合経験のない子どもたちが多く、試合をしても大差で負けていました。そのとき僕は子どもたちを並べて反省会をしていたわけです。『なんであのときシュートを打たなかったんだ』『なんであのときパス出さないの』『なんでもっと声出さないんだ』と。そうすると、サッカーを始めてまもない子どもたちはだんだんうつむきがちになり、涙を流す子も出てくる。次の日、スクールに来てくれなかった子もいました。
 
でも、10対0で負けた試合だって、うまくいったこともあるはずなんです。たとえば、前回の試合よりはたくさん声を出していたかもしれないし、たくさんシュートを打っていたかもしれない。目には見えないけれど、自分で考えて行動しようと思っていたかもしれない。でも僕は欠けて見えるところを見つけては、そこばかり指摘してしまいました。その結果、子どもたちのやる気や自信を奪ってしまったわけです。
 
もちろん10対0で負けた試合には課題もたくさんあります。そこを見つけて解決していくことも大切です。ですがそれと同時に、「うまくいったことはなにがあったかな?」と聞いてみると、子どもたちのやる気や自分を信じる力が継続し、次の試合にモチベ―ションを高く臨むことができます。僕たちは欠点を見つける方が得意なので、意識していいところを探してもらえたら嬉しいなと思います」
 
1  2
取材・文 神誠 写真 田丸由美子

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(264件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 短所を見つけたときは、長所も見つけてバランスを整えよう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ