1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 子どもに自分で考えさせる上手な『叱り方』

考える力

子どもに自分で考えさせる上手な『叱り方』

2011年12月17日

キーワード:コミュニケーションコーチング

77AL0230.JPG
 
前回は、『怒る』と『叱る』の違いについて紹介しましたが、今回は子どもに自分で考えさせる上手な『叱り方』についてです。
 
<<この記事を最初から読む
 

■叱る時にはまず始めに、自分の怒りを静める

『叱る』の目的は、相手に問題点に対する「気づき」の機会を与え、改めさせること。例えば、試合でミスをした時「何でいつも同じミスをするんだ!」と言っても、ミスをしたことは自分でも十分承知しているので「そんなこと、わかってんだよ!」と逆に腹を立てられてしまいます。
 
『叱る』の第一歩は、相手の状況を受け入れること。相手の状況を受け入れることで、感情的に『怒る』ことはなく、冷静に『叱る』ことができます。いつもと同じミスをしてしまったということを理解した上で、「どうした、お前らしくないミスだな」と言えば、相手は問題を受け入れ、「集中力が切れてしまって…」などとミスに対する原因を考え、「次からは大丈夫です」と改めることができます。
 
逆に、「何やってんだ!?」などミスをした結果に対して言われても、相手はその結果をどうすることもできません。それでは建設的なコミュニケーションにはつながらないのです。
 
【良い叱り方】
●コーチ:どうもミスのパターンが同じだな。どうした?
●選手:相手に寄せられるとつい焦ってトラップがうまくいかないんです。
●コーチ:そうか・・・、じゃあ一緒に練習で改善していこうな。
 
【良くない叱り方】
●コーチ:なんでいつも同じミスをするんだ!
●選手:そんなこと言われなくても分かってるし!(シャットアウト)
 
 
77AL0674.JPG
 

■他の人との比較はNG

『叱る』時は、ミスをしたことではなく、ミスを反省しない姿勢、他人のせいにしている姿勢、ミスを起こしたことに気づいていないことなどを指摘します。決してミスをしたという結果について、あれこれ言ってはいけません。
また、「○○君だったらあんなミスはしないのに」や「○○君がシュートしていたら勝てたな~」などと、他の人と比較しては絶対にダメ。特に他の選手がいるところで、比較をしてしまうと、チームワークや信頼関係を崩す原因にもなります。ミスが起きるのはチャレンジした結果と受け止め、チャレンジしたということはほめます。そして、失敗から学び、這い上がって来るのを待ちましょう。
 
また、性格的欠点や人格を否定することもNGです。相手は感情的に拒絶してしまい聴く耳を持てなくなってしまいます。
 
<<おまけ>>
●こんな言葉は気を付けましょう!
「何考えているんだ!」「~だめじゃないか!」はプライドを傷つけやすく、「~しろ!」「~は違うだろう」は反感をかいやすい言葉です。
 
 

■I messageで話をする

ミスに対して、「私はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」などと、相手に答えを求められる話し方をされると、「どうだろう?」と考えることができ、「そうか!」と原因に気づくことができます。
 
また、相手に伝えたいことは自分を主語にして話すことを『I message』と言います。例えば、「何回同じミスをするんだ!」と言うより、「同じミスを繰り返さないようにして欲しいと、私は思っているんだよ。どうすればミスをなくすことができるかなぁ?」と言わると、素直に受け入れることができます。
 
さらに、I messageで話すと相手が同じミスを何度も起こすのは、自分の教え方に問題があるのではないか?などと、相手を叱る原因が、実は指導力不足など別の原因にあることに気づくこともよくあります。
 
『叱る』という行為は、励ましの延長にあります。子どもだからと上から目線にならず、同じ目線に立ち、間違いについては叱り、問題に気づかせ、良い方向へ導けるようにしていきたいですね。
 
 
【取材協力】
WACアカデミー//
様々なチームや団体・企業向けに、前向きに積極的に取り組む姿勢を育てる「ポジティブ・シンキング」・「ロジカル・シンキング」両面をバランス良く鍛え、組織やチームの人間関係・信頼関係を築くためのコミュニケーション・セミナーや講座を提供している。
 
●お問い合わせ先
WACアカデミー事務局
担当:山本
TEL:03-6380-8415
e-mail:info@wac-academy.org
URL:http://www.pc-camp.biz
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
子どもの不安を自信に変えるペップトークにチャレンジ!
 
1
取材・文/kilohana 前田陽子 写真/小川博久(FCバルセロナキャンプJAPAN 2011より)

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(263件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 子どもに自分で考えさせる上手な『叱り方』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ