1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<4> U12クリニックに見る『認知・判断・実行』について②

考える力

2011年5月11日

シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<4> U12クリニックに見る『認知・判断・実行』について②

キーワード:スペイントラップバルセロナ海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

FCバルセロナ(スペイン)の下部組織監督として、数多くの選手を育ててきたジョアン・ビラ。現在彼はFCバルセロナを離れ、「サッカーサービス」という組織を作り、カタルーニャのみならず、ヨーロッパやアジア各国を回り、育成年代の選手を指導しています。そして2011年3月に日本でもU-12を対象にしたクリニックを開催。そこで行われた"座学"の第二弾をお届けします。

■「認知・判断・実行の3つをバランスよくトレーニングすることが大切」

サッカーをプレーするときに大切なことが3つあります。それは認知すること、判断すること、実行することです。認知は味方や敵の状況、スペースはどこにあるかなどを見ること。判断は、状況に応じてどのプレーがベストかを選びとること。そして実行は、ドリブルやパス、シュートなど、認知、判断をもとに行動に移すことです。

11.5.11-2.jpg

シャビはこの3つを高いレベルで備えている選手です。小さい頃から、トレーニングを積み重ねて身につけていきました。もし、みんながシャビやイニエスタのような選手になりたいのであれば、認知・判断・実行の3つをバランスよくトレーニングすることが大切です。そうすることで、シャビのように『仲間を助けるプレー』ができるようになります

私は『仲間を助けるプレー』こそが、サッカーをするうえで大切なものだと考えています。なぜなら、サッカーはチームスポーツだからです。チームメイトがボールを持っているとき、周りの選手は、ボールを持っている選手を助ける動きをする必要があります。助ける動きとは、ボールを受けられる位置に行くことです。それが『サポートをする』ということです。

1  2  3

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(273件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<4> U12クリニックに見る『認知・判断・実行』について②