1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

考える力

2011年4月14日

<ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

キーワード:ファウルルール審判

直接FKは、反則の起きた場所から相手チームのフリーキックで試合が再開します。間接FKで罰せられる反則にはオフサイド、オブストラクション(相手選手の進行を妨げる)、危険な方法でのプレー、バックパスをGKが手で触れる、味方のスローインをGKが手で触れる、GKが6秒を越えて、手でボールをコントロールする、などが挙げられます。

ここで紹介したように、ファウルにはいくつかの種類があります。感覚的に知っていたとしても、実際にプレーとして行われた場合、「ファウルかな?」と迷うケースもあると思います。特にGKのファウルは試合の結果に直結するケースもあるので、しっかりと覚えておきましょう。

取材協力:町田JFCジュニアユース アドバイザー 菊池正史

 

この記事の続き「警告・退場となるファウルとは?」を読む>>

<<ルールを正しく理解するために 最初の記事に戻る

前のページ 1  2
取材・文/鈴木智之、写真/平間喬

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(265件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう