1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

考える力

<ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

2011年4月14日

キーワード:ファウルルール審判

110414.jpg

U-12などのジュニア年代では、なかなかルールを正しく理解する機会が少ないもの。選手だけでなく、指導者や保護者がルールについて理解をすることが、選手に対する適切なアプローチにつながります。ここではファウルの種類について、解説したいと思います。

■ファウルの種類(直接FK・PK)

競技者が下記7項目の反則を不用意に、無謀に、過剰な力で犯したと主審が判断した場合、直接FKが相手チームに与えられます。ここでポイントになるのが、「不用意に、無謀に、過剰な力で犯したと主審が判断した場合」という言葉です。たとえば、ほんの少し足がかかったとしても、それが不用意に、無謀に、過剰な力でなければ、ファウルにはなりません。

  1. 相手競技者を蹴る、または蹴ろうとする
  2. 相手競技者をつまずかせる、またはつまずかせようとする
  3. 相手競技者に飛びかかる
  4. 相手競技者をチャージする
  5. 相手競技者を打つ、または打とうとする
  6. 相手競技者を押す
  7. 相手競技者にタックルする


それぞれ英語で1.キッキング、2.トリッピング、3.ジャンピングアット、4.ファウルチャージ、5.ストライキング、6.プッシング、7.タックルといいます。試合中は英語でのいい換えも頻繁に行われるので、用語として覚えておきましょう。

次の3項目の反則を犯した場合も、直接FKが相手チームに与えられます。これらは警告・退場になる行為です。

  1. 相手競技者を抑える。
  2. 相手競技者につばを吐く。
  3. ボールを意図的に手または腕で扱う。


8.は英語でホールディング、10.はハンドリングやハンドなどのいい方をします。

1  2
取材・文/鈴木智之、写真/平間喬

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(264件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日

一覧へ