1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 守備戦術をチームに落としこむ前に考えるべきポイント/岩政大樹が考える練習の目的を明確にする「逆算型」の指導法

テクニック

守備戦術をチームに落としこむ前に考えるべきポイント/岩政大樹が考える練習の目的を明確にする「逆算型」の指導法

公開:2021年6月 4日

元日本代表DFであり、選手としての経験豊富な岩政大樹氏に、前編では相手を見ながらサッカーをする重要性と、攻撃面での原理原則をお話いただいた。そして後編では守備についての原理原則を、岩政氏が独自で作り出した「コンセプトワード」を交えながら解説していただいた。(文・内藤秀明)

(※COACH UNITED 2021年4月5日掲載記事より転載)

この内容を動画で詳しく見る

iwamasa02_01.png

<< 前回の記事を読む 

守備戦術を考える際の前提

まずは、選手に対して守備のことを指導する際の、指導者としての考え方から伺った。

「前提として、守備のやり方は良し悪しよりも好みで分かれると思っています。私は、味方の位置や状況に応じて選手が立ち位置を変える『ゾーンディフェンス』に近い考え方を好んでいます。やはり大事なのは、選手の頭の中に共通の守備戦術が揃っているかどうかです」

攻撃を指導する際と同様に、守備においても選手間で共通の絵を描いて連動できるよう、指導者は選手に対して原則を示さなければならず、その原則は指導者の好みによって分かれると岩政氏は語っている。

また守備戦術を考える上で「マンマーク」と「ゾーン」のどちらを中心とするかはよく論点になる議論だろう。既に岩政氏には「守備の考え方は好みである」と伺ったばかりだが、これについては以下のように明かした。

「最近はどちらも採用するチームが珍しくないため、この2つの分け方が曖昧になっていますが、私は明確に分けるべきだと考えています。

もちろん1つのチーム内においても、守備を行うエリアによってどちらを採用するのか分かれるケースがあり、グランデーションのように使い分けられています。しかし選手の頭の中を整理する意味でも、この2つが"どこ"で切り替わり、"なに"をもって基準が変わるのかを明確にし、指導者は選手に提示できなければいけません」

iwamasa02_03.png

つまり重要なのは、明快であることだ。指導者自身でどちらを採用するか、あるいは何を基準に切り替えるのかを明確に定め、選手に過不足なくしっかりと伝えなければならない。

守備時における具体的なアイディアである「ロック&プレス」

このように守備戦術を考える上での前提の部分を解説しつつ、次に岩政氏は、守備時における具体的なアイディアとして、自身が作り出したコンセプトワードである「ロック&プレス」を紹介。

「『ロック&プレス』は私が個人的に好きな守備の考え方です。まず『ロック』とは、相手ボールホルダーの縦方向への前進を消すことができた状態のことを指します。私はこの状態を"ロックがかかった"と呼んでいますが、ロックができたら味方全員でボール方向に『プレス』をかけにいきます。この一連の動きが『ロック&プレス』です。

注意したいのが、味方全員がボール方向にプレスをかけるということ。ボールと関係なく縦方向にプレスをかけてしまうと、横に持ち出されたときに簡単に斜めのパスを通されてしまいます。

攻撃時とは違って、守備時に見るべきなのは、相手よりもボール状況と味方であると考えています。『ロック&プレス』でもそうですが、原則に基づいて自分たちが動いている中に相手がいる感覚です。もしボール状況がオープンであれば、背後へ直線的にやられないようなポジションを選手は取る必要があります」

iwamasa02_02.png

COACH UNITED ACADEMY動画では、ここまで提示した様々なコンセプトワードをチームに落とし込む術だけでなく、岩政さんの目線で日本のサッカーに足りない守備意識について語っていただいた。詳細については動画でご覧いただきたい。

<< 前回の記事を読む 

この内容を動画で詳しく見る

【講師】岩政大樹/
2004年、大学卒業後に鹿島アントラーズに入団し、リーグ優勝を3回経験するなど活躍。2008年には日本代表に初招集された。2014年に10年在籍した鹿島を退団し、BECテロ・サーサナFC、ファジアーノ岡山、東京ユナイテッドなどでプレーした後、2018年に現役引退。現在は上武大学サッカー部の監督を務めるほか、解説者としてメディアに出演するなど多方面で活躍している。

1
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
内藤秀明

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連する連載記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(285件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 守備戦術をチームに落としこむ前に考えるべきポイント/岩政大樹が考える練習の目的を明確にする「逆算型」の指導法