1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 日本人に足りない"87分間"を改善する!サッカー少年向け個人コンサルティングとは

テクニック

日本人に足りない"87分間"を改善する!サッカー少年向け個人コンサルティングとは

公開:2016年4月 5日 更新:2016年4月12日

キーワード:サッカーサービス個人コンサルティング個人戦術判断実行認知

friansakaiku.jpg

 

■11才までに、試合中になにをどう見て判断しプレーする習慣を

フリアンコーチは日本のサッカーサービススクールで、ジュニア選手の指導をしています。そのため、日本の選手のコンサルティングをする機会が多く、そこでは『ジュニア年代に身につけておくべきこと』のガイドラインに沿って、複数の項目に渡り、選手を分析しています。
 
「コンサルティングをする時は、攻撃面と守備面で見るべきことが違います。コンサルティングの内容を詳細に明かすことはできませんが、ジュニア年代では『認知』についても見ていきます。これは、いつ、どのような状況で周りを見ているのか。周りを見るタイミングや体の向き、周りを見て、正しい情報を得ているかなどを分析していきます」
 
ジュニア年代はサッカーの入り口です。この年代で、試合中になにをどう見て、プレーの判断に生かしていくか。その考え方を身につけておけば、成長するに従ってプレーを理解し、最適な判断をするための土台になります。
 
「11才までに身につけておきたい守備のコンセプトとしては、1対1の守備、相手のマークが挙げられます。14~15歳になると、自分のゾーン、ポジションでどういった守備をするか、どういったマークをするかを学びます。守備のときに何を見なくてはいけないか、どのように見るか。もちろん、体の向きをしっかり作って、首を振って確認することも大切です。攻撃面においても複数のコンセプトがあり、それを学んでいきます。選手をコンサルティングする時は、サッカーのベースとなるコンセプトを通じて攻守に渡って分析し、プレーを向上させていきます」
 
次回の更新では、ある10歳の選手のコンサルティングの実例をもとに、選手のプレーをどう向上させて行くかについて、説明してもらいます。
 
所属チームでのプレーが改善する!サッカー少年向け個人コンサルティングのメリットとは>>
 
 

プレー判断の基準を学べる日本で唯一のサッカースクール
サッカーサービススクール新規スクール生募集中!
ss_facebook_20160323.png
 

●おすすめ商品●

プロの試合映像でオフザボールの動きを学ぶ!

201512cp_think02_01.jpg

Jリーグの試合映像をもとに、サッカーサービス社のコーチ陣が「オフザボール」での正しい動きを徹底解説。実際のプロ選手の動きから学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。

知のサッカー2巻>> 指導者の方はこちら 知のサッカー1巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 日本人に足りない"87分間"を改善する!サッカー少年向け個人コンサルティングとは