1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 岩渕真奈が救世主に!?なでしこジャパン2連覇のシナリオとは

テクニック

岩渕真奈が救世主に!?なでしこジャパン2連覇のシナリオとは

2015年7月 5日

キーワード:なでしこジャパンサッカーサービス女子ワールドカップ

いよいよ、明日に迫ったFIFA女子ワールドカップ決勝。果たして、なでしこジャパンはアメリカとの決勝戦をどのように戦えばいいのでしょうか? イングランド戦から見えた、アメリカ戦のポイントとは? “世界的指導者集団”サッカーサービスのポール・デウロンデルコーチによる分析と提言をお届けします。(取材・文 鈴木智之 写真 Getty images)

 

GettyImages-479482490.jpg

 

■後半途中交代の岩渕真奈が救世主に!?

なでしこジャパンのワールドカップ準決勝・イングランド戦、相手に押し込まれ苦しい時間がつづく流れを変えたのが岩渕真奈選手です。彼女は1対1の場面で豊富なテクニックとアイデアを持っていて、ひとりで局面を打開することができる選手です。
 
決勝のアメリカ戦でも、おそらく後半途中からの出場になると思いますが、彼女がより攻撃に専念し、得意な形でボールを受けることができれば、日本のチャンスは増えると思います。準決勝の岩渕選手のプレーを見ると、2回ほどペナルティエリアに進入したプレーがありました。一度目はクロスを上げたプレー、2度目はドリブルで相手をかわし、シュートを打った場面です。
 
岩渕選手は4-4-2の2トップの一角として、大野忍選手と交替でピッチに入りました。これは私の意見ですが、彼女のプレースタイルからすると2トップではなく、ウイングでの起用が適しているのではないかと思います。たとえば4-3-3、もしくは4-2-3-1のウイングでプレーしたならば、いまよりもっとプレーしやすく、持ち味であるドリブルをゴール前の局面で活かすことができると考えます。
 
4-3-3(4-2-3-1)のウイングでプレーする場合、2トップの一角のように、相手のセンターバックがぴたりとマークについているわけではないので、相手を背負ってボールを受けたり、無理な態勢でターンをしたりという場面は、それほど多くは出てきません。ある程度スペースがあって、前を向いた状態でボールを受けられるので、岩渕選手の特徴であるドリブルで相手を抜く、かわすというプレーがしやすくなるのではないでしょうか。
 

■川澄奈穂美をゴール近くに置きたい

そして、これは右サイドの川澄奈穂美選手にも言うことができます。INAC神戸での川澄選手は、なでしこジャパンのときよりも、相手ゴールに近い位置でプレーしています。それゆえにたくさんのゴールを決めていますが、この大会では右サイドハーフで起用され、多くの時間帯で守備の負担を強いられています。
 
守備を考えた場合に、4-4-2はより安定したシステムとなるので、ワールドカップという大きな舞台では仕方のないことかもしれませんが、なでしこジャパンのめざす「ボールを保持して攻める」サッカーをするのであれば、川澄選手も岩渕選手と同じように、4-3-3(4-2-3-1)のウイングとして起用することで、攻撃面の底上げが期待できるでしょう。
 
実際にイングランド戦の決勝オウンゴールは、川澄選手が相手ゴールに近い位置でフリーになったことから生まれています。シュート技術も高いものがあり、ドリブルもできる川澄選手をウイングで使うことで、相手にとってさらに脅威を与えることができると考えられます。
 
 
次ページ:アメリカ攻略のカギは4‐2‐3‐1
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 

"世界で求められる「認知力」、「判断力」、「実行力」を身に付ける数日間!

1407292761__293643_961_424748_tn.jpgのサムネイル画像

⇒サッカーサービスキャンプ公式サイト
 
 
「予測し、判断するチカラ」を鍛えられるDVD!
FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、認知やサポートなど13歳までに身に付けておくべき戦術をJリーグの試合映像を使って徹底解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が「見て・学べる」映像トレーニング。
think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png
選手向け「知のサッカー第2巻」の詳細はこちら>>
指導者向け「知のサッカー第1巻」の詳細はこちら>>
 
1  2
取材・文 鈴木智之 写真 Getty images

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 岩渕真奈が救世主に!?なでしこジャパン2連覇のシナリオとは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ