1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. なでしこJAPAN徹底分析!決勝・アメリカ戦のキープレーヤーは?

テクニック

なでしこJAPAN徹底分析!決勝・アメリカ戦のキープレーヤーは?

2015年7月 3日

キーワード:なでしこジャパンサッカーサービス女子ワールドカップ決勝

2日に行われたFIFA女子ワールドカップ準決勝・イングランド戦に2対1で勝利し、2大会連続の決勝進出を決めた、なでしこジャパン。厳しい試合だったイングランド戦を“世界的指導者集団”サッカーサービスのポール・デウロンデルコーチはどう見たのでしょうか? 大好評の分析企画を2回に分けてお届けします。(取材・文 鈴木智之 写真 Getty images)
 
GettyImages-479163076.jpgのサムネイル画像
 

■なでしこの特徴であるパスをつなぐ攻撃を増やすために必要なこと

まず、決勝に進んだなでしこの選手たちにおめでとうと言いたいです。前回のW杯、オリンピックに続き3大会連続で決勝の舞台に上がるというのは、簡単なことではありません。すばらしい成果だと思います。
 
イングランドとの準決勝、日本はかなり苦戦しました。攻撃に関して言うと、アタッキングサードに入り、相手のマークが厳しくなるエリアでのコンビネーションプレーがほとんど見られませんでした。日本のシステムは4-4-2ですが、2トップのメリットをほとんど活かすことができなかったように感じました。大儀見選手は、攻撃時の「深さを伴った、マークを外す動き」が上手な選手です。彼女の長所をより活かすために、大野選手を始めとする周囲とのコンビネーションは、さらに向上することができると思います。具体的には、2トップの選手が高さをどの位置にとるか、いつポジションを下げるのか、どのようにサポー
トをするのか、ゴール前に入ったときにどういう動きをするのか、といった部分です。一般的にこちらが2トップで相手が4バックの場合、2人のFWに対して、センターバックも2人で数的同数になるので、守備側が守りにくい状況を作ることができるはずです。日本は最終ラインからビルドアップして、パスをつないで攻め込んでいくスタイルを持ち味としています。その際にただボールを動かすのではなく、どこで、どのように数的優位を作るのか。より戦術的な意図を持ったパス回しをすることができれば、より相手に脅威を与えることができます。なでしこジャパンに限らず、男子の代表チームも同じ課題を抱えていると考えています。最終ラインの岩清水、熊谷選手がボールを持っているとき、ボランチの宇津木選手、阪口選手はどう動くのか。「ボランチがそこに動いているから、FWの大儀見選手、大野選手はそっちに動く」という、チームとしての戦術的な共通理解があると、技術力に高いなでしこの選手たちの特徴がより活きると思います。とくに、岩清水、熊谷選手はボールを前に運び、相手の最前線のラインを突破するプレーができるので、ダブルボランチ2人とセンターバック1人の計3人になり、中盤の中央のエリアで数的優位を作ることができます。このプレーを続けていき、そこに中盤のコンビネーションが加われば、持ち味であるパスをつなぐ攻撃を仕掛ける回数が、さらに増えていくはずです。
有吉選手が倒されてPKを得た場面は、攻撃のコンビネーションが機能した場面でした。川澄選手がピッチの中央に入り、イングランドの左サイドバックの意識を引きつけておき、外側のスペースを有吉選手が突いて、最終ラインを突破しました。川澄選手が中に入ってスペースを作り、有吉選手が攻撃の幅を使ってオーバーラップしたことで、一気にゴール前に進入することができました。このように、攻撃のコンビネーションを使うことで、チャンスの数は増えていくと思います。
 
 
次ページ:決勝・アメリカ戦のキープレーヤーは誰?"
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 

"世界で求められる「認知力」、「判断力」、「実行力」を身に付ける数日間!

1407292761__293643_961_424748_tn.jpgのサムネイル画像

⇒サッカーサービスキャンプ公式サイト
 
 
「予測し、判断するチカラ」を鍛えられるDVD!
FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、認知やサポートなど13歳までに身に付けておくべき戦術をJリーグの試合映像を使って徹底解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が「見て・学べる」映像トレーニング。
think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png
選手向け「知のサッカー第2巻」の詳細はこちら>>
指導者向け「知のサッカー第1巻」の詳細はこちら>>
 
1  2
取材・文 鈴木智之 写真 Getty images

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. なでしこJAPAN徹底分析!決勝・アメリカ戦のキープレーヤーは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ