1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと

テクニック

2015年1月28日

強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと

キーワード:アジアカップ日本代表

IMG_9951_s.jpg

■シュートに対する決断力の低さが招いたミス

UAE戦の攻撃を見ていると、選手たちがシュートの場面で悩んでいるようでした。象徴的だったのが、後半終了間際の香川選手のシュートです。ダイレクトで打てば良かった場面でコントロールをした結果、相手選手に寄せられてしまい、シュートはゴールの枠を逸れました。武藤選手も豊田選手も、シュートを打つという決断を迷っているように見えました。
 
対照的だったのは柴崎選手です。この試合、唯一の日本の得点シーンですが、本田選手のリターンパスを受けた瞬間、迷いなく右足を振りぬきました。また、UAEの先制点、マブフート選手もボールを受けて思い切りシュートを打ち、逆サイドに突き刺しました。この試合で得点になった2ゴールは、どちらも迷いなくシュートを打ったことが結果につながったものです。シュートに対する決断力は、改善の余地があると思います。もちろん、本田選手や岡崎選手のように、優れた決断力を持った選手はいますし、彼らは実際に得点という結果を残しています。
 
この試合では、柴崎選手が良いプレーをしました。アギーレ監督も言っていましたが、彼は“チームに新しい風を呼び起こせる選手”です。サポートの能力がすごく高いので、ボールを繋ぐことができ、ピッチの中でどこにポジションを取ればいいかを理解しています。22歳と若いですが、十分にピッチの上で重要な役割を担うことができます。今後、彼がより高いレベルに到達するためには、イージーミスを減らすことが必要です。親善試合のブラジル戦、今回のUAE戦でもそうでしたが、ボールを簡単に失ってしまうことがあります。UAE戦では、ボールロストが重大なピンチにはなりませんでしたが、ボールの失い方は修正したほうがいいと思います。彼はとても才能のある選手ですので、改善できると思います。
 
 
【この記事を読んだ人は、こちらもおススメ】
バイエルンも実践!CBの選手に伝えたい"ボールを運ぶプレー"
日本代表好調の要因は攻守の切り替えにあり【アジアカップ分析】
 

欧州のU-12選手が学んでいる個人戦術の原理原則をトレーニング!
「サッカーサービス2017-2018冬キャンプ」東京・横浜・愛知にて開催決定!>>
Slide_20151204-580x203.jpg
 

【PR】「スペースを作り、使う」 周りを観る力(認知力)を身に付けよう

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、認知やサポートなど13歳までに身に付けておくべき戦術をプロの試合映像を使って解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が見て学べる映像トレーニング。

think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png

選手向け「知のサッカー第2巻」の詳細はこちら>>

指導者向け「知のサッカー第1巻」の詳細はこちら>>

 

前のページ 1  2
取材・文/鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと