1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと

テクニック

強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと

2015年1月28日

キーワード:アジアカップ日本代表

日本代表はUAEを圧倒的に押し込みながらもPK戦の末に敗れ、アジアカップ敗退が決まった。スペイン・バルセロナを中心に世界中で活躍する指導者集団『サッカーサービス』のポール・デウロンデルコーチは、日本代表の攻撃をどう見たのか。UEFA・A級ライセンス保持者の分析をお届けする。(取材・文/鈴木智之)
 
MKP_0636.jpg
日本代表はなぜ決定的なチャンスを外し続けたのだろうか(撮影/松岡健三郎)
 
 
まずは、レジェンドスタジアムの動画で試合を振り返ってみよう>>
 
 

■“ピッチの幅”を取ったほうがいい理由

UAE戦、日本はシュート35本と圧倒的に攻め込みながらも、1ゴールしか奪うことができませんでした。日本の攻撃がうまくいかなかったポイントのひとつに「攻撃時の幅の欠如」があります。
 
試合を通じて、両ウイングの本田選手と乾選手(途中から武藤選手)が、ピッチの中央地帯に入ってきてプレーする場面が多く見られました。
 
これ自体は良いプレーなのですが、両ウイングが中に入ったためにできた、ピッチの外側のスペースを長友、酒井の両サイドバック、またはその他の選手が使うシーンがあまり見られませんでした。つまり、サイドのエリアにどの選手もいない時があり、サイドをうまく使えていない場面が見受けられました。
 
相手チームがピッチの中央を固めて守備をする場合、ピッチを縦に4分割した、もっとも外側のスペースをつかうことが鉄則です。両ウイングやサイドバックがピッチの幅を取って、相手がマークに来ざるをえない状況をつくり、選手同士の距離を広げさせます。そしてピッチ中央にできたスペースを、他の選手が突きます。これが相手の守備を崩すために必要な“スペースを作り、使うプレー”です。
 
UAE戦は、中央ばかりではなくサイドのスペースを有効に使うことができていたら、チャンスの質も変わっていたのではないでしょうか。

1  2
取材・文/鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ