1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 初心者は必見!ドリブルのスピードがアップする練習法

テクニック

2013年8月17日

初心者は必見!ドリブルのスピードがアップする練習法

キーワード:スピードトレーニングドリブルフィジカルメッシ練習

■オンザボールとオフザボールの動き方を分けてトレーニングする

「ゴールデンエイジの子たちは身体動作の習得が速いので、少しアドバイスをすると、動きが見違えるようにスムーズになっていきます。ボールを使ったプレー(ドリブル)をマスターするために、まずはボールのない状態でラダーをし、身体の動かし方を身につけます。ある程度、動かし方がわかったところで、ボールを持って実際にドリブルをしてみます。オンザボールとオフザボールの動き方を分けてトレーニングするのです」(谷さん)
 
DSC01284.JPG
 
選手たちはラダーをする前と後では、意識をして体を動かす部分、ボールタッチの部位が変わり、スムーズにドリブルができるようになっていました。ドリブルには、自分の身体をイメージ通りに操ること、ボールをコントロールすることなど、同時にやるべきことがたくさんあります。ラダートレーニングとボールトレーニングを分ければ、意識をひとつに集中することができるので、身体の使い方や動きを習得しやすくなります。
 
サッカーを始めたばかりの年代にとって、理にかなったトレーニングといえるのではないでしょうか。次回は「ドリブルの動きを身につける」第二弾をお届けします。お楽しみに!
 
 
【谷コーチのサカイク連載記事】
 
 
ladder2.png
 
 
prof.jpg
谷真一郎(たにしんいちろう)//
愛知県立西春高校から筑波大学に進学し、蹴球部に在籍。在学中に日本代表へ招集される。同大学卒業後は柏レイソル(日立製作所本社サッカー部)へ入団し、1995年までプレー。 
引退後は柏レイソルの下部組織で指導を行いながら、筑波大学大学院にてコーチ学を専攻する。その後、フィジカルコーチとして、柏レイソル、ベガルタ仙台、横浜FCに所属し、2010年よりヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチを務める。 
『日本で唯一の代表キャップを持つフィジカルコーチ』(2013年8月現在)
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文/鈴木智之 写真/新井賢一 (第37回全日本少年サッカー大会決勝大会より)、サカイク編集部

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 初心者は必見!ドリブルのスピードがアップする練習法