1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ヨーロッパチャンピオンのメソッドに学ぶ チェルシーFCクリニック【前編】

テクニック

ヨーロッパチャンピオンのメソッドに学ぶ チェルシーFCクリニック【前編】

2012年8月29日

キーワード:クリニックチェルシー

07.jpg
 
昨季のヨーロッパチャンピオンズリーグを制した世界有数の強豪クラブ、イングランド・プレミアリーグのチェルシーFCのエッセンスを日本の子どもたちに、先日「adidas ChelseaFC Clinic 2012」がチェルシーFCの全面協力のもと行われました。
今回サカイクでは8月20日に行われた東北エリアクリニックの様子をレポート! ヨーロッパ最前線のトレーニングメソッドをご紹介します。
 
 

■チェルシーFCの技術、情熱すべてをキミに 

 今回のクリニックで指導に当たったのはチェルシーFCユースで日々、将来有望な選手たちに接しているスティーブン・ウィネットヘッドコーチ率いる6人のコーチ陣。宮城県にある松島フットボールセンターに集まった小学4~6年生のサッカーキッズたちにチェルシーFCアカデミーのコーチングプログラムを基にしたトレーニングを伝授してくれました。
 
トレーニングは、
 
  1. 楽しみながら行うウォーミングアップ
  2. 個人技を磨くドリブルセクション
  3. 決定機を逃さないシュートセクション
  4. 正確な状況把握に欠かせないターンセクション
  5. 実戦を意識したゲームセクション
 
の5つのセクションに分けられ、子どもたちはグループ別にそれぞれのセクションを順番に体験していきます。
ドリルとしてはオーソドックスなものでも、どのセクションでも随所に「チェルシーFCらしさ」が見られる特徴的なトレーニングメニューです。
これから、それぞれのセクションについて詳しく見ていきましょう。
 
 

1.楽しみながら行うウォーミングアップ 「テリー!」「マタ!」謎の合い言葉

最初のセクション、ウォーミングアップセクションで一番重視されていたのは「サッカーを楽しむこと」。一番の目的は子どもたちの身体を温める準備体操の役割ですが、練習を楽しむために気持ちを温めることも重要です。
トレーニングは四角く区切られたピッチの中で行い、各自ボールをひとつずつ持ってピッチに入ります。
まずは好きにドリブル。そしてコーチがかけ声をかけると決められた動作を行います。「テリー!」というかけ声がかかればチェルシーFCの精神的支柱、イングランド代表CBのジョン・テリー選手のようにその場でジャンプをして、ヘディング動作。「マタ!」の声にはスペイン代表MFでテクニシャンのファン・マタ選手さながらのまたぎフェイント。そのほかにもチェルシーFCで活躍する世界のトッププレイヤーの名前を冠した動きで、緊張気味だった子どもたちの心もリラックスしたようです。
 
120828_05.jpg
 
もちろん狭い空間にひしめくチームメイトとぶつからないように周囲の動きを察知したり、かけ声に俊敏に反応するクイックネスも求められ、サッカーに必要なスキルも身につきます。
ウィネットヘッドコーチによれば、ジュニア年代はサッカーを楽しむ、好きになることも上達への近道。ただ走るだけのウォームアップではなく、ボールに触って楽しみながらトレーニングをスタートさせることが大切なのだそう。チェルシーFCのユース、アカデミーでも実際に行っているこのウォーミングアップ。若き金の卵たちも、身近なスーパースターの活躍を思い描きながら練習に取り組んでいるのです。
 
 

2.個人技を磨くドリブルセクション 対人プレーの基本を学ぶ

次のセクションはチェルシーFCが重視する個人技のひとつ、ドリブルセクションです。図のように4隅に置かれたコーン付近から、中央のコーンに向けてジグザグドリブルで進みます。中央に置かれたコーンはDF代わり。コーンの前までボールを運んだら、コーチの指示に合せてその場で決められたフェイントをしてDF(目の前のコーン)をかわします。
 
ドリブルセクション.jpg
 
ボールを運ぶ技術として重要なドリブルは、攻撃の崩しの局面ではDFを抜き去るための重要なスキルになります。ジグザグドリブルでドリブルへの意識付け、そしてフェイントから相手を抜き去る積極性、テクニックのバリエーションを身につけるトレーニングです。
 
120828_06.jpg
 
さらに実戦的なセクションへ
今回はウォーミングアップ、ドリブルの二つのセクションを紹介しました。次回はさらに実戦的に、シュート、ターン、ゲームセクションをご紹介します。
 
後編はコチラ>>
 
1
取材・文/大塚一樹 写真提供/アディダスジャパン

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ヨーロッパチャンピオンのメソッドに学ぶ チェルシーFCクリニック【前編】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ