1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. オランダ流「2対1とプレーの選択肢を身につけさせる"しつけ"」

テクニック

オランダ流「2対1とプレーの選択肢を身につけさせる"しつけ"」

2011年5月 6日

キーワード:オランダゲームパス練習

ヨハン・クライフを始め、数々のスーパースターを輩出するサッカー大国・オランダで指導経験のあるフィジカルコーチ/メディカルトレーナーの土屋潤二氏に、ユース年代で行われている練習法と指導の考え方について、教えていただきました。過去2回の記事と併せて読み、オランダサッカーを体感しましょう。

練習3 やってみよう!「サイドアタックを身につける 2vs1突破とパス」

11.5.6-1.gif

【方法】 A1とA2がパスを交換し、5本通ったほうの勝ち。 もしくはA1がDF役のBの背後にパスを出し、A2がボールを受けてシュートを打てば勝ち。 DF役のBはパス5本を通される前にボールを奪うか、背後に出たボールをカットすれば勝ちとなります。

【解説】 この練習は、主にサイドでのアタックの動きを身につけるときに行います。ポイントは、ボールを持っている選手に2つの選択肢があることです。パスを5本通しても、DFの裏を通してもいいというルールなので、横パスを繰り返してDFをおびき寄せて裏を通す。あるいは裏にパスを出すフリをして、横にパスを出すなど、かけ引きをするようになります。

攻撃側の選手で大切なことは、味方がパスを出しやすい状況になった時に、敵との距離がルーズ(=裏のスペースは空いていない)ならば横パスで足下にもらうことです。また、敵のマークがタイト(=裏のスペースが空いている)ならば、縦の裏のスペースでパスをもらえるよう、相手とかけ駆け引きをしながら、自分が一番いい状態でボールを受けることも大切になります。

パスを出す側のポイントは、味方が一番いい状態でパスを受けられるようにタイミングを合わせること。そして、パスの強さと質(裏のスペースに出す場合は、走り込むところで止まるような、正確で強いパス)に注意することです。

一方のDF役は、裏にパスを出されないように意識を向けながら、ボールを取りに行きます。攻撃役も守備役も、実戦でよくある動きですよね。これは、サッカーの基本である『ボールのないところでのかけ引き』を意識させるための練習です。

1  2  3

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. オランダ流「2対1とプレーの選択肢を身につけさせる"しつけ"」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ