1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第5回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-プレッシャーのなかで選手はどう対応している?

テクニック

【第5回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-プレッシャーのなかで選手はどう対応している?

2011年1月29日

キーワード:Jリーグイメトレ桑さんの観戦術観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

■プレッシャーの中での、プレー技術

0003011.jpg 「皆さんは試合を観戦しているとき、プロの選手は相手にかけるプレッシャーがすごいなぁ、と感じませんか? それもそのはず、プロのサッカー選手はプレッシャーがなければ、楽々とプレーしてしまいます。そうさせないためにも互いにプレッシャーを掛け合うんです。だから、プロ選手というのは、いかにハイプレッシャーの中で持ち前の技術を発揮できるか、というのが重要になってくるんです。

 実際、ノープレッシャーでのサッカーは、ミスも起こらないし、神経を使わないのでプレーしている方も見ている方も面白くない。だから、ボールに対してきちんとプレッシャーがかかっている状況で、その選手がどのような判断で、どのようなプレーを選択するのか注目してみましょう。

 例えば、足の裏を使ってボールをキープする選手もいるでしょう。またはドリブル突破を図るためにボールを跨いでフェイントをかける選手もいる。味方を見つけてパスを出そうという選手もいる。 そういった局面のプレーは、皆さんも実戦で、よく経験していることだと思います。だから、自分だったらどのように判断するか、どのようなプレーを選択するかをイメージしながら観戦していくと身になりますよ。そして、ボールの位置や体重移動、視線、姿勢などできるだけ細かく見ることができるようになると、自分のレベルアップにも繋がっていくと思います。

 では、具体的にプレッシャーとは、どのようなことをいうのでしょうか? 私が考えるプレッシャーというのは、具体的にはボールに対して1m以内に人がいるということです。2mくらい間をとってしまうと、もうプレッシャーとは言えませんね。 そして、その1m中で、相手との距離の縮め方や、コンタクトされているような状況で、どういったボールコントロールをしているのか、気にして見ていくと1対1の面白さもさらに感じることができると思います。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第5回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-プレッシャーのなかで選手はどう対応している?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ