1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第11回】子どものやる気を引き出すために --「子どもとの距離感をどうとるか」

こころ

【第11回】子どものやる気を引き出すために --「子どもとの距離感をどうとるか」

2011年2月 5日

キーワード:コーチング子どものやる気自立

■つかず、離れず、見守ることが大切

子どもたちの潜在的な意欲、能力を最大限に生かし、自立する力を養う「教育コーチング」。その普及に取り組んでいるのが、日本青少年育成協会です。11回目となるこのコーナーでは、PM級認定トレーナーの本田恵三さんに『子どもとの距離感』について、お話を聞いていきます。

まず大前提として、保護者は子どものサッカーに興味を持ち、関わってほしいと思います。父親か母親は問いません。そして、子どものサッカーについて、細かく口出しをするのではなく『見守って』あげてください。つかず離れず、見守るという距離感がポイントです。

私が総監督を務めるサッカークラブに、子どもとの距離感が非常に近い保護者がいました。用具にしても、子どもが準備するのではなく、親が先回りをして用意したり......。とくに母親は、子どもの失敗に敏感です。子どもが忘れ物をすることを、自分のことのように恥ずかしいと感じて、先回りして準備をするのです。それは『見守る』範囲を逸脱していますよね。

子どもとの適度な距離感を測るために、コーチと頻繁に話をするのは効果的です。クラブの方針を理解するために、積極的にコーチのところへ聞きに行ってみてください。また、クラブが保護者に説明する機会を設けると良いと思います。

ちなみに、私が総監督を務める大木戸SCは、学年によって方針が違います。あるコーチは「試合会場まで親に連れて来てもらわずに、電車を使って自分で来て下さい」と言っています。はじめは皆さんびっくりするのですが、「これも自立のためです」と説明すると、理解してくれます。

そこで保護者とコーチとの間でコミュニケーションがとれ、「なるほど、そういう考え方なのか」と理解してもらえれば、子どもを見守る形でサポートをしてくださるようになるのです。

また、大木戸SCでは、保護者と子どもが良い距離感を保つために、『パポーター』という制度を取り入れています。これは『パパさんサポーター』の略で、サッカーの指導はできないけど、試合の日にテントを張ったり、ラインを引いたりと、お手伝いをしてくれる保護者のことです。

パポーターとしてチームと関わると、コーチとコミュニケーションをとる機会も増えます。子どもと接する機会もたくさんあるので、良い距離感を保つためのヒントも得られます。非常に有意義な制度ですので、ぜひとも参考にしてみてください。

ko-tinn.jpg本田恵三//
社団法人日本青少年育成協会本部所属。少年サッカー指導歴15年のベテランコーチ。子どもたちのやる気を引き出す理論と手法に定評がある。

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(181件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第11回】子どものやる気を引き出すために --「子どもとの距離感をどうとるか」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日

一覧へ