1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. サッカーではなく、サッカー選手を好きな日本人

考える力

サッカーではなく、サッカー選手を好きな日本人

2014年12月 3日

キーワード:スポーツマンシップ

先日、カールスルーエSC(ドイツ2部リーグ)に所属する山田大記選手が静岡のローカル番組のインタビューで、「日本には、サッカー選手を好きな人が多いでしょ。ところが、ドイツって本当にサッカーそのものを好きな人が多いんですよ。だから、有名な選手が彼女と街中でデートしていても、大騒ぎにならないんです。日本では考えられないでしょ。ドイツ人には、『おれたちが好きなのはサッカーだ』っていう意識があるんですよね」と。
 
このインタビューを聞きながら思わず「そうそう」と、テレビに向かって相づちを打ってしまいました。ブラジルW杯期間中は、日本のテレビ局各局が、珍しくサッカーを前面に打ち出した長い番組をやっていました。しかし、どの局の番組もサッカー選手に多くの時間を割いていました。「選手の好きな食べ物」とか「好きな曲」とか、「どこでどのように育った」とか、「どんな家族」とか。それを見ながら、そんなことよりもサッカーを取り上げてくれ、と不満を抱いた記憶があります。同時に、「でもサッカー自体を取りあげるだけでは、番組は持たないんだろうなあ」とも思いました。サッカー自体を好きな視聴者が少ないからです。(取材・文/広瀬一郎 写真/Getty images 田川秀之)
 
457843544.jpg
日本で幅広い層から指示を得る内田篤人選手。サッカー少年には攻守ともにクオリティの高い彼のプレーに注目してほしい
 

■サッカーとはなにか、きちんと説明できますか?

サッカーの母国イギリスでは、サッカーの討論番組を延々と流しています。だれもその映像に飽きません。サッカーが生活の一部になっているんだな、と感心しました。それだけに、「つまらないゲーム」や「つまらないプレー」に対する批判と非難は厳しいです。特に「気を抜いたプレー」は許されません。
 
先日、ラグビーのオール・ジャパンがニュージーランドの「マオリ・オールブラックス」と対戦し、世界最強のチームを相手にあわやと思わせるような善戦をしました。残り3分までは勝っていたのです。37分にボールがラインアウトされた際、オールブラックスはクイックスローで、逆サイドに長いボールを入れました。ジャパンは、ボールアウトになったので、ちょっと一息いれていたのですが、そこを見逃さずにクイックスローで投げ入れた選手。そして、逆サイドでボールを待っていた数名の選手達。逆サイドにはジャパンの選手がいませんでした。そして、やすやすと逆転のトライを許したのです。
 
そのシーンは『ドーハの悲劇』(1993年)を思い出させました。すでにアディショナルタイムに入っていて、日本が1点リードしていた試合です。相手のコーナーキックがラストプレーになる、と全員が思っていました。ここを凌げば、史上初の本大会への出場権が得られるはすでした。ディフェンスも集中していました。ところが、相手のイラクは、なんとショートコーナーをしたのです。その瞬間に、フッと集中力が切れました。ディフェンスにいったカズ(三浦知良選手。横浜FC所属)は簡単に切り返され、相手はフリーでセンタリングをし、相手がヘディングしたボールは前に出たGKの松永選手をあざ笑うように、ユックリと放物線を描いて、日本ゴールのファーサイドに吸い込まれていきました。こうして、初出場の夢は断たれたのです。
 
サッカーとはそういうものだ、とコメントした専門家がいました。それを聞きながら「サッカーとはどんなものか」について、われわれ日本人はきちんと理解しているんだろうか? という疑問を持ちました。
 
「サッカーとはどんなものか」を理解しないで、「サッカーを好きになれ」というのは無理な話です。以前コラムで紹介した2006年のW杯ドイツ大会で、イタリア代表がオーストラリア代表と戦った際、どういう対応をしたのか、もう一度繰り返します。0-0で後半も半分過ぎたところで、イタリアのディフェンスが一発レッドカードで退場しました。その時、残った9人のフィールドプレーヤーはセンターサークルに集まり、自分たちでフォーメーションを変更し、選手交代で新しくディフェンスが入るまで0-0で耐えたのです。その間、だれひとりベンチの監督に指示を求めませんでした。ゲームは結局イタリアが勝ち、そのまま勝ち進んだイタリアは優勝しました。サッカーではこういうチームが勝つんです。
 
ベンチの指示を仰がないでフォーメーションを変えたチームに驚いたのは、現地で観戦していた日本サッカー協会の強化担当者たちだけでした。他の国の人たちは、別段気にもならなかったようです。なぜなら「サッカーとはそういうゲームだから」です。

1  2
取材・文/広瀬一郎 写真/Getty images 田川秀之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(248件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. サッカーではなく、サッカー選手を好きな日本人

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  2. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日
  3. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  4. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  5. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  6. 福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実施
    2017年3月17日
  7. 故障してサッカー辞めたい中1をどうするか問題
    2017年3月16日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ