1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. サカイクキャンプレポート① "成功体験"を通じて「自分で考える力」を身につける 

考える力

サカイクキャンプレポート① "成功体験"を通じて「自分で考える力」を身につける 

2012年8月31日

キーワード:キャンプコミュニケーションコーチングトレーニング

IMG_5826.JPG

 サカイクでは7月24日から26日の3日間、富士緑の休暇村(山梨県)にて、U-12年代を対象にトレーニングキャンプを開催しました。参加してくれたのは、いずれもサカイクのウェブサイトをご覧になって、サカイクが大事にしている指導理念に共感して応募してくれた保護者の子どもたち。今回のサカイクキャンプ最大のテーマは、子どもたちが自らの頭で考えて判断できるプレーヤーになるということ。
 先に結論からお伝えしてしまうと、トレーニングキャンプ終了後に子どもたちから「とてもわかりやすい指導でした」「何となくわかっていたつもりのことが、今回わかってすっきりしました」といった感想が続々と届いたのです。また中には「僕は6年生だから卒業してしまうけれど、もしも中学生対象のキャンプがあればまた来年も参加したいです」と感想をもらす子もいるほどでした。
 
 キャンプを任されたコーチ陣は、一体どんなコーチングを展開したのでしょう?今回、中心となってコーチングをしたサカイクの運営母体である株式会社イースリーが展開する「シンキングサッカースクール」の須田コーチにお話を伺いました。
 

■サカイクキャンプ初日、まず子どもたちに伝えたのは「フットボールをしよう!」

「サッカーは球蹴り、偶然の産物としてゴールが生まれる、という印象がありますが、それは違うと考えています。自分たちが意図を持って攻撃と守備をする、それがフットボールなのです。今回は明確に区別するために、フットボールという言葉を使いました」
「これまでのトレーニングキャンプというと、テクニック重視のトレーニングが多くなりがちでした。でも、コートの上では、ドリブルもあれば、パスもあるし、シュートもある。そこにプラス判断が加わるのです。それらはどれも切り離せるものではないので、トレーニングでも切り離さないことが重要だと考えています。色々な技術の複合体と、ぞれぞれの局面における判断、それが『フットボール』なんだということを子どもたちに伝えたくて、それらを念頭に置きながら今回の指導メニューを組みました」
 
IMG_5327.JPG
 
 サカイクキャンプ全体を通じて、具体的に力を入れて伝えようとしたことが「攻撃と守備の目的と原則」だといいます。3日間という短い期間で伝えられることは限られてしまいます。そこで「3日間なのであまり内容は詰め込まず、フットボールにおいて最も大事なポイントだけに絞って、子どもたちにわかりやすく伝えることを心がけました」と須田コーチ。その詳細については、2日目、3日目のトレーニング内容で紹介します。
 
 また、キャンプトレーニングだからこそ、できることもありました。
「普段のシンキングサッカースクールでは、フットサルコート大のスペースでトレーニングをしているため、どうしてもダイナミックな動きのトレーニングが不足してしまいがちです。今回のサカイクキャンプはサッカーのグラウンドで行うことができたので、広いスペースが確保できました。そこで普段のスクールではできないフィニッシュの部分にも挑戦しました。何人か関わってシュートまで持っていくトレーニングに取り組めたことは大きなポイントだと思っています」
 
IMG_5389.JPG
 
 さらにサカイクキャンプでは、新たな取り組みとして「キャンプふりかえりノート」を導入。子どもたちは、それぞれのトレーニングメニューをこなした直後に、配布された「キャンプふりかえりノート」に、メニューのポイント、できたこと、できなかったこと、などを書き込みました。考えながらプレーをしていないと、なかなか文章は出てこないものです。ふりかえりノートを、自分の頭で考えながらトレーニングをする、という意識付けに役立てました。
 
IMG_6057.JPGIMG_5887.JPGIMG_5888.JPG
 
 また、2日目の午後には『ASE』という、チームの協調性が試される遊びも交えました。そこで子どもたちには、フットボールをする上で大事なことを、遊びを通じて体験してもらいました。
 
●ASEプログラムとは
「社会性育成のための実際体験(Action Socialization Experience)」といいます。Jリーグの各クラブでもチームづくりのトレーニングなどに取り入れられているプログラムで、個人では解決できない課題に対して、組織の力を結集して解決する課題プログラムです。考える力だけでなく、コミュニケーション能力などの社会的スキルも育むことが可能です。
 
キャンプレポート②はコチラ>>
 
キャンプレポート③はコチラ>>
 
キャンプレポート④はコチラ>>
 
 
suda.jpg
●須田 敏男//
・現 職:シンキングサッカースクールコーチ
・資 格:JFA公認A級ライセンスU-12
     JFA公認キッズリーダーインストラクター
・指導歴:バイヤー04レバークーゼン ユースアカデミーコーチ
     福島県トレセン U-13コーチ
     福島県トレセン U-11チーフコーチ
     福島ユナイテッドFC U-15監督
 
1
取材・文/鈴木康浩 写真/サカイク編集部

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(253件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. サカイクキャンプレポート① "成功体験"を通じて「自分で考える力」を身につける 

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ゴールキーパーの練習メニュー ~シュートブロック編~
    2017年8月21日
  2. サッカーが上手くなるためのビデオ映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 夏休み、ちゃんと休んでますか? サッカーが上手くなるのに大事な2種類の休み方
    2017年8月21日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  7. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ