1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. "口ぐせ"が子どもの未来を変える!【はじめようポジティブシンキング2】

考える力

"口ぐせ"が子どもの未来を変える!【はじめようポジティブシンキング2】

2012年2月29日

キーワード:アファメーションコミュニケーションメンタル

DSC06819.JPG
 
物事を前向きに捉えて、ワクワクすることを考えるだけで、未来が明るくなった気分になりませんか? 苦しいときこそ笑顔を絶やさず、時に開き直る。ネガティブな要素を無くすことで、誰でも毎日が楽しくなってくるはずです。
 
<<「はじめようポジティブシンキング1」から読む
 

■今のあなたを作っているのは、過去の口ぐせです!

脳の大部分は食欲などの本能と、感情や快楽中枢などを制御する潜在意識が占めているそうです。潜在意識には人格はなく、心ではなくメカニズムで機械的に機能するもの。前向きな目標に向かっては成功のメカニズムが作用し、ネガティブな目標に対しては失敗のメカニズムが作用します。
 
「PK苦手だ・・・」と公言していると、本当に苦手になってしまい、PKを外すことは当たり前のことのように思えてきてしまいます。これでは、大切な試合でPKを決めることはできないでしょう。
 
口ぐせを変えることで、考え方や物事へのアプローチの仕方が変わってきます。
過去の口ぐせが今の自分であり、今の口ぐせが未来の自分を作るのです。
 
まずはいつもどんな口ぐせを言っているか、考えてみましょう。10分間、頭に浮かんだことを書いてみると、自分が何を考えているのか気づくことができます。
 
「めんどくさい」「ムリ」が口ぐせなら「やってやるぞ~」
「疲れた~」なら「まだやれるぞ!」に変えてみます。
 
口に出すことで体も反応して、動けるようになるはずなので、まずは一度トライしてみてください。
 
DSC06937.JPG
 

■自分を振りかえってみる

今何を大切に思っているのか、何を望んでいるのかなど、客観的に自分について考えてみましょう。そのために「今まで輝いていたときはどんなときだったか」を子どもにインタビューしてみてください。
 
インタビューをしてみると、何を楽しいと感じているのか、やる気の原点は何なのかがわかってきます。自分では気がつかなかった長所や性格もわかり、過去の良かった経験を思い出すことでモチベーションがUPできます。
 
 

■未来の自分からのメッセージに耳を傾ける

モチベーションを維持するためには、自分が達成したい目標を確認します。
 
  1. 達成したい目標を思い描きます。
  2. それはどんなシチュエーションなのか、風景や音、色、においなど五感をフルに使ってできるだけ具体的に感じ、イメージを膨らませます。
  3. 描いた映像の中に未来の自分がいるはずです。その未来の自分に話しかけてみましょう。未来の自分は今の自分へメッセージを送ってくれるでしょう。
 
ちなみに私が達成したい夢は「家をたてること」。未来の自分は今の私に「そのままがんばって!」と言ってくれました。そのことで、今がんばっていることがきっと将来の糧になると思えました。
ぜひ、子どもと試してみてください。日本代表でプレイしている自分を思い描く子どももいるでしょう。その自分から「リフティングが基本だよ。練習しよう」なんて言われたら、今すぐボールを持って飛び出して行くのではないでしょうか?
 

 
【取材協力】
WACアカデミー//
様々なチームや団体・企業向けに、前向きに積極的に取り組む姿勢を育てる「ポジティブ・シンキング」・「ロジカル・シンキング」両面をバランス良く鍛え、組織やチームの人間関係・信頼関係を築くためのコミュニケーション・セミナーや講座を提供している。
 
●お問い合わせ先
WACアカデミー事務局
担当:山本
TEL:03-6380-8415
e-mail:info@wac-academy.org
URL:http://www.pc-camp.biz
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
子どもを『怒る』と『叱る』の違いを理解する
子どもに自分で考えさせる上手な『叱り方』
子どもの不安を自信に変えるペップトークにチャレンジ!
1
取材・文/kilohana 前田陽子 写真/サカイク編集部(ダノンネーションズカップ2011より)

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(260件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. "口ぐせ"が子どもの未来を変える!【はじめようポジティブシンキング2】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  2. 誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
    2017年9月13日
  3. その褒め方、選手にちゃんと響いてる? 子どもたちが伸び伸びプレーする「声かけ」とは
    2017年9月12日
  4. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  5. 育成大国オランダがジュニア年代から5号球を使う理由【PR】
    2017年9月13日
  6. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  7. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  8. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  9. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  10. パスタは和食のデメリットを解消!? 体を大きくするためにパスタがおすすめな理由
    2017年9月11日

一覧へ