1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 【第1回】監督に聞く-旋風を巻き起こした久御山高校「パスにこだわるサッカー哲学」

考える力

【第1回】監督に聞く-旋風を巻き起こした久御山高校「パスにこだわるサッカー哲学」

2011年2月 8日

キーワード:パスポゼッション高校サッカー

000329.jpg 第89回全国高校サッカー選手権大会で準優勝に輝き、大会に旋風を巻き起こした久御山高校(京都)。選手一人ひとりの能力は決して高くはなく、松本悟監督も「体力測定をしたら、後ろから数えた方が早い選手ばかり」と苦笑するほどでした。しかし、サッカーは身体的数値でするものでないことも事実です。松本監督は自身のこだわりでもある『ボールをつなぐサッカー』で、頂点まであと一歩に迫りました。このコーナーでは、そんな久御山高校の「パスにこだわる哲学」について監督に聞いていきます。

久御山のスタイルは関西地方では有名で、ボールをつなぐサッカーを求めて、多くの選手が入学してきます。「ドリブルやボールを持つサッカーにこだわってやっていると、子供たちが『久御山でやってみたい』と言うようになってくれて、うちの学校を選んで来てくれるようになりました。逆にうちは(選手を選べない)公立高校なんで、それをしないとね」(松本監督)

久御山の真価が発揮されたのが、準決勝の流通経済大学柏戦です。相手は全国から優秀な選手が集まってくるタレント軍団。選手個人の能力は高く、それこそ身体測定をしたら、流経柏の選手のほうが圧倒的に上でしょう。

そんな相手を前に、久御山はひるむことなく真っ向勝負を仕掛けました。「選手権はいつ負けても恥ずかしくない。それよりも自分たちのサッカーを貫いたほうが緊張もしないし、『やってやるんだ』という気持ちが相乗効果になって出ましたね」(松本監督)

最終ラインの選手がボールを持ち、流経柏の選手が素早くプレスをかけに来る。そのときでも焦ってボールを蹴り出さず、丁寧にじっくりとパスをつないでいきました。そうして自分たちのリズムを作り出して2ゴールを奪い、PK戦に勝利。決勝進出を決めました。

決勝戦では滝川第二に敗れましたが、その戦いぶりは鮮烈な印象を残しました。決勝戦後、松本監督は記者会見でこう語っています。

「まだ久御山のサッカーは完成されたものではないと思っています。決勝戦でも、3つのパスのうちの1本でも成功していたら、勝敗は裏返しになっていたかもしれません。今日は1、2年生も出ていましたが、彼らはもっとうまくなることができると信じています。時間はかかりますが、ドリブル、パスがうまくなった選手をそろえて、またここに来たい」

こだわりと哲学を持って、選手たちを指導していく。いわゆる「普通の選手」でも、決勝まで進むことができた。常々、「選手をうまくしてこそ良い指導者」と公言する松本監督の理念を体現した準優勝でした。

久御山が「ボールをつなぐサッカー」をするために大切にしている、技術面での考え方については、第2回に続きます。

Text//Tomoyuki Suzuki
Photo//Takashi Hirama

第2回へ進む>>

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(253件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 【第1回】監督に聞く-旋風を巻き起こした久御山高校「パスにこだわるサッカー哲学」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  2. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  3. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  4. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  7. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. リフティングできなきゃ罰走! お父さんコーチがえこひいきする問題
    2017年6月14日
  10. 「日本から欧州トップレベルの選手を」日本にいながらドイツを世界一にした育成方式で学べるスクールが描く展望
    2017年6月19日

一覧へ