1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 【第2回】監督に聞く-旋風を巻き起こした久御山高校「パスにこだわるサッカー哲学」

考える力

【第2回】監督に聞く-旋風を巻き起こした久御山高校「パスにこだわるサッカー哲学」

2011年2月15日

キーワード:パスポゼッション高校サッカー

000330.jpg 第89回全国高校サッカー選手権大会で準優勝を果たした久御山高校。彼らが見せた『ボールポゼッション』を重視したサッカーは、各方面から高い評価を得ました。

久御山のポゼッションサッカーを体現するために大切なのが、ボールを保持し、相手に渡さないことです。マイボールを簡単に奪われてしまっていては、ポゼッションサッカーはできません。松本悟監督は『久御山スタイル』を具現化するための秘訣について、こう言っています。

「ボール回しの時に、すぐにボールをはたくことを考える選手が多いのですが、その前に、パスをもらう人が自分でパスコースを作ることが大事なんです。そこから逆算すると、パスコースを作った上でボールを受けることを考えて、パスコースがない場合は、味方がパスコースを作るまでボールをキープする。サッカーは同じ人数でやるスポーツなので、『動いたもの勝ち』のところがあるんです。それは、スペインリーグ等を見て参考にしています。ポゼッションサッカーをするためには、そういう力がいるんです」

ボールをつなぐために必要なのは、出し手の意思と受け手の意思がシンクロすることです。どこにパスを出したい、どこでパスを受けたい。両者の思惑が一致すると、パスが通ります。

「パスの場合でも、キックの質は全然問題ではなくて、大事なのは『どこに出すのか』なんですね。そのためにポイントになるのが、相手の動きを見ること。それは選手が嫌がるぐらい、徹底してやりますね。(笑)。だけど、今年の3年生はそれが好きなんですよ。一日中、ボール回しをやっているような奴らで。だからこそ、ここまで来ることができたんだと思う」

久御山スタイルを体現するために、松本監督は選手に「相手の動きを見る」ことを求めると言います。

「相手の動きを見ることは、よほどキープ力がないとできません。キープ力があれば2人、3人にボールを取りに来られても、持ちこたえて味方にパスをすることができる。その駆け引きのできる選手を育てて、もっとうまくしていきたい」

相手を見て、パスを出す。それを繰り返しながら相手ゴールに向かうのが久御山のサッカーです。これはフィジカルやスピードがなければできないサッカーではありません。身体能力がそれほど高くなくても、練習を繰り返してイメージを共有することで、完成形に近づいていきます。個と組織が融合した久御山のサッカーは、多くのチームにとって手本になるスタイルだと言えるのではないでしょうか。

Text//Tomoyuki Suzuki
Photo//Takashi Hirama

←第1回へ戻る| |第3回へ進む→

<<『監督に聞く』シリーズ最初の記事へ

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(246件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 【第2回】監督に聞く-旋風を巻き起こした久御山高校「パスにこだわるサッカー哲学」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  3. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは
    2017年3月29日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. サッカーの攻撃、守備で重要なのは、常にゴールの位置を考えること
    2017年3月28日
  8. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日

一覧へ