1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 一流ディフェンダーは"背中で止まる"

テクニック

一流ディフェンダーは"背中で止まる"

2014年5月21日

キーワード:ディフェンスリフティング

「今まで1対1の守備では、腰を落としたディフェンスをすることが常識とされてきましたが、その常識を見直すべきだと思います。背筋を伸ばすようなイメージでディフェンスをしたほうがより相手に圧力をかけられるし、相手の動きにも対応しやすくなるのです」
 
 前回の記事では、フットボールスタイリストの鬼木祐輔さんが日本サッカーで常識とされる1対1のディフェンスの姿勢について問題点を指摘しました。
 
<<「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
 
 日本人は習慣的に骨盤が後傾しているために、無意識のうちに重心が後ろに傾いてしまい、慢性的に姿勢が良くありません。そのため、サッカーの1対1のディフェンスをする際にも腰を落として、背中を丸めるように力んで相手に対応しがちです。
 
 

■ボールを奪いたいなら、わきの下に手を入れろ!

 前回の記事でも同じ写真を載せましたが、実際にディフェンダーがボールにアプローチに行った際に、姿勢を屈めてしまった例が下の写真のとおりです。このとき守備者の両脚には体重が乗っているので地面に居ついてしまい、相手の次の動作に反応しにくい状態になっています。さらに、背中を小さく屈めてしまっているため、相手を威圧することができず、心理的なプレッシャーをかけることもできていません。
 
体の使い方
 
この状況を改善するためのポイントとして、鬼木さんは「(ボールにアプローチするときに)背中で止まること」を挙げます。
 実際にこの姿勢を実践したのが次の写真です。
 
ディフェンス 姿勢
 
背筋を伸ばしながら「背中で止まる」イメージを持つと、屈んでしまった姿勢よりも身体を大きく見せることができるので、相手にプレッシャーを感じさせることができます。さらに、その場合は腰が落ちたり、両脚に体重が乗ったりしていないので、相手の揺さぶりにも素早く反応して動き出せる状態にあるのです。
さらに、このときに相手からボールを奪い切るポイントとして「相手の脇の下に手を入れる」とより効果的だと鬼木さんは付け加えます。
 
「身体の重心を相手に預けながら、相手の脇の下に手を入れて押し込むことができれば、体重をそっくりそのまま相手にぶつけることができるので、簡単にボールを奪うだけのパワーを発揮することができるのです」
 
ディフェンス 押し込む
 
ディフェンス 身体
 
ディフェンス 押し込む
 
ディフェンス 体
 
次ページ:背中で止まる技術を身につけよう
 

●おすすめ商品●

「守備の原理原則」を身に付ける指導メソッド

thinksoccer3_300x250_03.jpg

知のサッカーシリーズ最新巻「知のサッカー第3巻」。今回は「守備時の認知」に特化。8歳~18歳までに身に付けるべき「守備の原理原則」と、個人からポジション別まで28の練習メニューを紹介しています。

商品詳細はこちら
サカイク編集部が厳選したオススメ商品が満載!
E-3ショップ
サッカー育成メディアNo.1のサカイクが自信をもってオススメする商品を集めました。ここだけのオリジナル商品もあり!
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文/鈴木康浩 写真/サカイク編集部

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 一流ディフェンダーは"背中で止まる"

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  2. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  7. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  8. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ