1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 足が速くなる方法!正しい姿勢で走ることでタイムは変わる

運動能力

足が速くなる方法!正しい姿勢で走ることでタイムは変わる

2015年4月 6日

キーワード:サッカー俊足秋本真吾足が速くなる

ほんの少しポイントを押さえるだけで足がグングン速くなる――。
 
サカイクでは過去にもこのテーマで何度か記事を配信してきましたが、今回、新たなポイントを伝授してくれる人がいます。走りのプロ中のプロ。200メートルハードルアジア最高記録・日本記録保持者であり、現在はプロスプリントコーチ・モデル・アスリートタレントとしてテレビなどでも活躍する秋本真吾さんです。
 
今回、秋本さんには前編で『運動会の徒競走で速く走れるコツ』、後編で『サッカーで相手に競り負けないために誰よりも速くスタートダッシュする方法』と、2回にわけてお届けします。(取材・文/杜乃伍真 写真/サカイク編集部)
 
IMG_2854.jpg
元陸上ハードル選手。200mハードル・アジア最高記録保持者。アスリートタレントとして活動中。為末大学ランニング部アドバイザー
 
 
まずは、秋本さんが実演してくれた日本人の小学生によくあるダメな走り方を見てみましょう。
 
つぎに、正しい走り方を見てみましょう。
 
 
この2つの走り方、どこが違ったかわかりますか? 秋本さんに教えてもらいましょう。
 
 

■走りで一番大切なのは"姿勢"

「一番大事なのは姿勢ですね」
 
走りを知り尽くす秋本さんがまず指摘したのは「姿勢」です。
 
「最近の子どもたちは自分では良い姿勢だと思っている姿勢が、実際は悪い姿勢だということがあります。みんなに"気をつけ"の姿勢をしてもらうと、横から見たときに、あごが前へ出ていて、背中が丸まっているんです。おそらく、普段勉強するときやゲームをするときの悪い姿勢を、そのまま走るときの姿勢に持ち込んでしまっているんです」
 
姿勢が悪いと、なぜ足が遅くなるのでしょう。
 
「たとえば、子どもに『速く走る方法を知っている人?』と聞くと、みんなが『腕を振って走る』とか『足を高く上げて走る』などと答えてくれるのですが、背中が丸まったままの悪い姿勢で走ろうとすると、足を高く上げようとしても胸の辺りで足がつっかえてしまって、足を高く上げることができないのです。そうすると足を上げたときに生じる地面へのパワーが伝わらないので、当然、足も速くはならないのです。空き缶を踏みつぶすときに高く足を上げて、勢いよく踏み潰したほうが力が入るのと同じですね」
 
では、秋本さんが普段、子どもの悪い姿勢を良くするために行っているポイントとは、どのようなものなのでしょうか。
 
「子どもたちには順を追って教えていくのですが、まずは『①正しい姿勢で座ること』、次に『➁そのままの姿勢を維持しながらしっかり立つこと』、そして『➂その姿勢を崩さないように歩いて徐々に走ってもらう』という手順になります」
 
 
① 正しい姿勢で座る
IMG_2956.jpg
→両足つま先の間でにぎりこぶし2個分ほど開ける
→あたまの上から一本の串が刺さっているようなイメージを持ちその串が折れないように座る
 
「姿勢の悪い子どもの場合、座ったときにかかとが地面についたり、前に手がついたりしてしまいます。お相撲の“そんきょ”の姿勢をイメージするといいと思います。かかとは地面にはつきません」
 
➁  ①の姿勢でしっかりと立つ
IMG_2969.jpg
→頭から刺さっている串が折れないようなイメージを持って立つ
→このときに肩が前へ出て猫背になっている姿勢を直すために両手を後ろに伸ばしてひっぱる
→胸が前へ出たら両手を横に戻して両足を閉じてまっすぐに立てば、正しい姿勢の出来上がり
 
➂  ➁の姿勢を崩さないように歩いて、徐々に走る
IMG_2970.jpg
→頭から刺さっている串が折れないように意識しながらゆっくりと歩く
→慣れてきたらゆっくりと走ってみる
 
「この時点で、行進をしているように綺麗な姿勢で歩けているのがわかると思います。見た目の印象もかなり変わります。トップアスリートは姿勢がとにかく綺麗です。腕の振りがたとえバラバラでも、頭から串が刺さっているようなイメージを持ちながら走って、身体の軸がぶれていなければ、それだけでもかなり速く走れるようになります」
 

今すぐできる!足が速くなる練習法
「5人の専門家が教える足が速くなるコツ」を無料配信!

サカイクに掲載された記事の中から、世界陸上メダリスト為末大さんをはじめ、5人のプロアスリートやトレーナーが教える足が速くなるコツをメルマガで配信!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
 
1  2
取材・文/杜乃伍真 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 足が速くなる方法!正しい姿勢で走ることでタイムは変わる

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ