1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 女子のための、0から始めるサッカー練習法【まずはボールに慣れよう!】

親子でチャレンジ

女子のための、0から始めるサッカー練習法【まずはボールに慣れよう!】

2012年2月16日

キーワード:なでしこサッカー教室トレーニング愛媛FC練習

ladies1.JPG
※リフティングの見本を見せる愛媛FCレディース監督・江後賢一さん
 
昨年12月に愛媛県松山市の松山中央公園室内練習場で、サッカー未経験の女子を対象に5日間開催された「キッズ女子サッカー教室」。今回、「サカイク」ではその中から、ためになる練習法をいくつかご紹介します。「これからサッカーをはじめてみよう!」と考えているなでしこキッズのみなさん、ぜひ親子でチャレンジしてみてサッカーを大好きになってください!
 
「どうしたらうまくいくの?どうしてこんな練習をするの?」と思ったら、今年から「なでしこチャレンジリーグ」でたたかう愛媛FCレディース監督・江後賢一(えご・けんいち)コーチのワンポイントアドバイスも参考にしてみてくださいね!
 
 

■練習1:「まずは足でいっぱいさわって、サッカーボールになれる」

・止まっているボールを20回ずつ(ボールの手前やボールの横など)タッチしてみよう!
・タッチができたら、今度はボールの上に乗らないように、ボールをまたいでみよう!
 
ladies2.JPG
※左は愛媛FCレディースMF中田麻衣子主将
 
【江後コーチのワンポイントアドバイス】
「みなさんがよくしっているドッジボールやバレー、バスケットボールとちがい、サッカーは足でさわることが多いですけど、手を使わなくても、足でも楽しくボールを扱うことができるんですよ!」
 
 

■練習2:「リフティングにチャレンジ」

・ボールを上に投げてでんぐり返しして、ボールをつかもう!
(空間感覚を養う練習になります)
 
ladies3.JPG
 
・足のつま先の靴ひもに当てたり、太腿を使ってリフティング!
(最初の目標は2~3回でOK!)
・ヘディングでのリフティングもやってみよう!おでこに当てればこわくないよ!
 
ladies4.JPG
※リフティングは足の甲を伸ばしておこなう
 
【江後コーチのワンポイントアドバイス】
「ボールの真ん中をやさしく触るとボールは真上に飛びます。毎日練習すれば必ずリフティングはうまくなります!」
 
 

■練習3:「ボールをける、とめる。そして色々なパスをしてみる」

<インステップでのパス>
・ボールの横に軸足をおいて、くつひもの位置で押し出すようにキック!
(最初は近くにパス、うまくいったらだんだん遠くへ)
 
ladies5.JPG
 
 
<ボールを止める>
・最初は足裏やお尻で、転がってきたパスをとめてみよう!
 
ladies6.JPG
※お尻でパスを止める・よい例
 
 
<インサイドでのパス>
・軸足とける足を90度にして、ける足を前方に押し出すようにしてボールをけってみよう!
 
ladies7.JPG
※1.軸足をしっかり固定
 
ladies8.JPG
※2.パスを出したい方向、強さを確かめて
 
 
ladies9.JPG
※3.ける足を押し出す
 
【江後コーチのワンポイントアドバイス】
「なぜ、お尻でボールを止めようとするか?それはパスの速さに体を合わせるため。もちちろん、最初はうまくいかなくてもミスしてもダイジョウブですよ!」
 
 

■お父さん、お母さんへ

ボールを使ったスポーツ経験のない女の子は、ボールを怖がることがあります。いきなり難しいことを教えるのではなく、まずはボールに慣れること、足で扱う楽しさを教えてあげましょう。
 
 
この記事の後編「ゲームを、ゴールを楽しもう!」を読む>>
 
 
【愛媛FCレディースプレスクール開催のお知らせ】
今回、取材にご協力いただいた愛媛FCレディースが小学1年生~6年生の女子を対象に無料のスクールを開催しています。詳しくは下記をご確認ください。
愛媛FCレディースプレスクール開催概要
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧
 
 

 

1
取材・文・写真/寺下友徳、取材協力:財団法人松山市文化・スポーツ振興財団、愛媛FCレディース

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 女子のための、0から始めるサッカー練習法【まずはボールに慣れよう!】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ