1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング

練習メニュー

試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング

2017年6月16日

キーワード:1対1クルゼイロコントロールトレーニングパス練習メニュー

クルゼイロ・ジャポンはブラジル名門サッカークラブ「Cruzeiro EC」の育成方法を余すところ無く日本で紹介・実践するため、2013年に発足いたしました。かつてジーコと共に"黄金のカルテット"と呼ばれたトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)も所属していたブラジルの名門クラブです。

 
今回は、かの名門クラブのコーチたちが来日し、日本の子どもたちを指導する『クルゼイロキャンプ』で行われるトレーニングのひとつをご紹介します。いくつかの設定を設けて連続したプレーを行うトレーニングの意図とは?(動画提供:クルゼイロジャパン)
 

 
■テーマ
パス&コントロール
 
■オーガナイズ
縦20m、ポール間2m、マーカーの幅2m、時間5~6分×3
 
■用具 
ボール、マーカー、ポール(無ければコーンで代用)
 
■進め方
壁パスでの突破
1.コーチの動きを見て、足元にパス
2.パス&ゴーで、パスを出した逆に走る
3.リターンパスを受けて、正面のマーカー間にキック
(縦パス、もしくはシュートのイメージで)
 
シュートからセカンドボールの反応
1.コーチからのパスを受け、ワンタッチコントロールでポール間を抜ける
2.そのまま、縦にパスを入れる
3.止まらずに走り込み、ジャンプヘッド
(セカンドボールを拾うイメージ)
 
ステップワークからのプレー
1.コーチの指示で右、もしくは左側のマーカーにタッチ
2.コーチが任意のタイミングでパス
3.ポール間を通し、仲間にパス
4.そのまま走り抜け、壁パスを受ける
5.後退して繰り返し
 
■ポイント
・連続してプレーすることを促す。
・試合で使える技術の習得を目指す。(強度、正確性、スピードなど)
 
■クルゼイロコーチの目線
クルゼイロのトレーニングの特徴として、全てに対して刺激を加えて行きます。何か一つが飛びぬけていても、苦手な部分があれば、将来マイナス評価を受けてしまうかもしれません。少しずつでいいので、全ての部分を伸ばしていきたいものです。例えば、苦手を持っている選手だけを取り出して、このようなトレーニングを補習的に施すのも一つの方法です。
 

ブラジルNo'1育成クラブのトレーニングで個を伸ばそう!>>

cruzeiro.jpg

 

▼クルゼイロの練習メニューはこちら

kuruzeiro_tore_01_samune.jpg
サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは>>
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ