1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

練習メニュー

サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

2016年2月10日

キーワード:クルゼイロトレーニングドリブルブラジル

サッカー王国ブラジルでNo'1育成クラブとの呼び声高い『クルゼイロEC』。かつてジーコと共に“黄金のカルテット”と呼ばれたトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)も所属していたブラジルの名門クラブです。果たして、彼らはどのようなトレーニングを行っているのでしょうか? 今回は、その一部を公開します。(動画提供:クルゼイロジャパン)

 

 

■テーマ
「ボール運びとドリブル突破」
 
■進め方
1.2人同時に行う。片側のゲート(同じ色)を順番に通過。3つ全部通過したら、スタート地点に戻る。そのまま逆側の3つのゲートも通過し、スタート地点まで戻る。
2.2人が競争する
※注!1.2.共に、右サイドは右足のみで、左サイドは左足のみでボールを運ぶ。
3.2ゴールの1VS1を行う。2つのゴールのどちらかを通過する。ゴールしたら、そのままその色のゲートを全部通過する。ボールを奪われたら攻守交替して再開。
 
■ポイント
・インサイド、インステップ(アウト寄り)、足裏などさまざまなボールタッチでボール運び(コンドゥソン)ができるように
・スピードに乗りながらも、ボールと体とを一体化させること
・ 相手を意識しながらボールを運ぶこと。自分が左サイドなら右にいる選手を相手と想定する。相手から遠い足を使って、自然とボールを守れるボール運びを身につける
・上半身を起こして、可能な限りボールを見ずにボールを運べるように
※これらのポイントをベースに、1対1のドリブル突破を行う。
 
 
相手DFを意識させながら行うことで、難易度をコントロールできます。ただただ、マーカーを通過するだけのトレーニングにならないように心がけましょう。設定を工夫することで自然と、正確でスピードに乗ったボールタッチが身につきます。しかもプレー、ポジションの選択肢を多く持つためにも、両足でできるようにしたい。ブラジルでは、ボール扱いが上手なだけの選手は通用しません。試合で使える技術の習得を目指しましょう。
 

ブラジルNo'1育成クラブのトレーニングで個を伸ばそう!>> 1451980081.jpg
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ