1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 単なるドリブルシュートで終わらない!ブラジルの名門クラブが不規則に障害物を置く理由とは

練習メニュー

2016年3月 8日

単なるドリブルシュートで終わらない!ブラジルの名門クラブが不規則に障害物を置く理由とは

キーワード:クルゼイロコントロールシュートトレーニングドリブル練習メニュー

サッカー王国ブラジルでNo'1育成クラブとの呼び声高い『クルゼイロEC』。かつてジーコと共に"黄金のカルテット"と呼ばれたトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)も所属していたブラジルの名門クラブです。今回は、かの名門クラブのコーチたちが来日し、日本の子どもたちを指導する『クルゼイロキャンプ』で行われるトレーニングのひとつをご紹介します。彼らが行うドリブル練習は、規則正しくコーンを並べるわけではなく、不規則に障害物が並べる。その理由とは?(動画提供:クルゼイロジャパン)
 
 
■テーマ
試合につながるボールコントロール
 
■用具 
ボール、ゴール、マーカー、コーン
 
■進め方
1.ピッチ中央にコーン、マーカーをランダムに並べる。
2.3列に並んで、一人ずつスタート。
3.中央の障害を抜けて、シュート。
4.繰り返し。
スタート~50秒…丁寧にボールを運びシュートまで持ち込む。
50秒~1分10秒…ボール運びのスピードを求めていく。
1分10秒~2分…障害にぶつかったら、プレーを終わりにする。
2分~終了…障害の位置をずらして、新たなルートを探させる。
 
■ポイント
・シュートを最後にさせることで、ボールを運びながら次のプレーにつながっていくようにイメージを持たせたい。ただ、目の前の障害を交わすだけでなく、目的を持ったボール運びにつながっていくように。
 
・少しずつレベルUPを促していく。丁寧なボール運び→スピードUP→ぶつけたらプレー終了(正確性+スピードUP)
 
■クルゼイロコーチの目線
選手のレベルに合わせて声掛けを変化させていきたい。できている選手には、より試合に近い状況をイメージさせる声掛けや、プレーのバリエーションが増えるような声掛け心掛けたい。
 マーカーを整然と並べた状態で速く上手く運べるだけでは、プレーの幅が狭まってしまいます。ランダムに並べられた障害を抜けていくことで、試合の中でもボールを運びながら自分で道を見つけていくプレーに近づいて行きます。現代サッカーではプレーのスピードが求められています。このようなトレーニングを通じてスピードと正確性、そこに即興性を兼ね備えた選手になって欲しいです。
 

ブラジルNo'1育成クラブのトレーニングで個を伸ばそう!>> 1451980081.jpg
 
▼クルゼイロの練習メニューはこちら
kuruzeiro_tore_01_samune.jpg
サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは>>
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(360件)

コメント

  1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 単なるドリブルシュートで終わらない!ブラジルの名門クラブが不規則に障害物を置く理由とは