1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 柿谷選手のファーストタッチ②

練習メニュー

柿谷選手のファーストタッチ②

2014年1月28日

キーワード:テクニックトラップ

<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
 
【練習の目的】
●ボールコントロール技術の向上
 
 
<2013年7月28日 東アジアカップ決勝戦 日本 VS 韓国>
 
1点ビハインドのチームを救ったのは柿谷曜一朗だった。立ち上がりから相手に押し込まれる苦しい展開のなか迎えた前半24分、韓国DF3枚を置き去りにする鋭い動き出しから扇原敏弘のロングパスを呼び込み、少し手前に落ちたボールを頭で処理。キーパーとの一対一を冷静に読み切り、ゴール左隅に流し込んだ。
 
 
■一般的なセオリー
一般的なセオリー01一般的なセオリー02一般的なセオリー03一般的なセオリー04
 
 
裏への動き出し → トラップ → 反転 → シュート
 
【やり方】
1.後方のボールを見ながらも身体はゴール方向に保つ。
2.手前に落ちたボールを迎えにいきゴールを背を向けてトラップ。
3.再びゴール方向に反転してシュート
 
 
 
■柿谷選手の選択
柿谷頭トラップ01.jpg柿谷頭トラップ02.jpg柿谷頭トラップ03.jpg柿谷頭トラップ04.jpg
 
 
裏への飛び出し → 頭でのファーストタッチ → シュート
 
【やり方】
1.後方のボールを見ながらも身体はゴール方向に保つ。
2.身体はゴール方向に向けたまま手前に落ちたボールを待ち、頭で前方のスペースに運ぶ。
3.トップスピードでゴールまでボールを運びシュート
 
【ポイント】
1.ボールが手前に落ちても、なるべくゴールに背を向けない
2.頭でのファーストタッチはトップスピードに乗れるようにスペースに運ぶ
3.キーパーの飛び出しに注意
 
 
■ゴールに背を向けないために頭でのファーストタッチを選択
 
ディフェンスラインの裏のスペースに抜け出した際に気をつけるポイントは、ゴールキーパーの動きです。前に出てくるならドリブルでかわし、出てこないならゴールする確率を上げるために、ドリブルでなるべくゴールに近づいてシュートするのがセオリーです。では、ゴールキーパーの動きを把握するために守るべき原則は何でしょう? それは身体をゴールに向けておくことです。ゴールに背を向けてしまってはキーパーの動きを目視できないからです。
 
しかし、ロングパスが手前でバウンドしてしまうときには、ボールを待つのではなく迎えにいき落ちどころで拾うのがセオリーです。ただし、今回の柿谷選手のようにディフェンスの裏のスペースに抜け出した場面でそれをすると、ゴールに背を向けることになりキーパーの動きを見失ってしまいます。また、一度ボールを止めてそこから反転してゴールを目指すことになるので、時間をロスしてしまいせっかく置き去りにしたディフェンダーに追いつかれる可能性が高まります。
 
そこで柿谷選手はゴールを向いたままボールを待つ選択をしました。そして山なりを描くボールの軌道に合わせて、身体を後ろに反らし頭でのファーストタッチを選択。足や胸でのトラップよりも早くボールに触ってスペースに運ぶことができるからです。その結果、相手ディフェンダーに追いつかれることもなく、キーパーの動きを見ながら自分の間合いでシュートを打つことができました。
 
ピッチにいる選手たちは、自分が置かれた状況を把握しいくつかの選択肢の中からプレーを選びます。それはジュニア年代の子どもたちも同じです。柿谷選手との違いは、よりその状況に適したプレーを選択できるかどうか。つねに正しい判断ができるようになるには、ジュニア年代から考えながらプレーする習慣を持つことが肝心です。子どもたちに良い習慣を付けてもらうためにどう接するべきか、親として考えていきましょう。
 
柿谷選手のファーストタッチ①>>
柿谷選手のファーストタッチ③>>
柿谷選手のファーストタッチ④>>
柿谷選手のファーストタッチ⑤>>
柿谷選手のファーストタッチ⑥>>
 
【柿谷曜一朗選手のテクニック記事はコチラ】
柿谷選手の注目すべきプレー『ファーストタッチ』に迫る
柿谷選手のドリブルからわかる、上半身の姿勢の重要性
 
 
■実演
菊池コーチ
菊池健太コーチ
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
構成/文 出川啓太(サカイク編集者)
 
 
 
1
写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 柿谷選手のファーストタッチ②

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ