1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 柿谷選手のファーストタッチ①

練習メニュー

柿谷選手のファーストタッチ①

2014年1月24日

キーワード:テクニック

<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
 
【練習の目的】
●ボールコントロール技術の向上
 
 
<2013年5月25日J1第13節 セレッソ大阪 VS 名古屋グランパス>
 
1点リードで迎えた後半22分、相手陣地でボールを奪った枝村のスルーパスに鋭く反応したのは柿谷だった。パスカットが発生した瞬間、マーカーから離れるようにプルアウェイを開始。枝村のパスをトップスピードのまま左足アウトサイドで鮮やかに収めると、間髪入れずに右足を振り抜いた。
 
 
■一般的なセオリー
IMG_5015-2.jpgIMG_5017-2.jpgIMG_5020-2.jpgIMG_5021-2.jpg
 
 
右足インサイドトラップ → 右足シュート
 
【やり方】
1.ボールとゴールを同一視できる身体の向きを確保しながら、プルアウェイ。
2.左から右にスライドしながら、右足インサイドでトラップ。
3.ルックアップしてキーパーの位置を確認したら右足でシュート。
 
 
 
■柿谷選手の選択
IMG_5004-2.jpgIMG_5005-2.jpgIMG_5009-2.jpgIMG_5011-2.jpg
 
 
左足アウトサイドトラップ → 右足シュート
 
【やり方】
1.ボールとゴールを同一視できる身体の向きを確保しながら、プルアウェイ。
2.トップスピードを保ったまま、左足アウトサイドでトラップ。
3.右足の前にボールを落としワンステップで右足シュート。
 
【ポイント】
1.小指のあたりでボールタッチしてパスの勢いを殺す。
2.右足の前方にボールを落とすイメージ。
3.すべてをトップスピードでおこなう。
 
■シュートまでの時間を短縮する逆足トラップ
 
このシチュエーションで守るべき原則は、ボールとゴールを同一視できる視野の確保です。パスを止めることだけに集中するとキーパーの動きが分からなくなってしまいます。そのため、右足のインサイドでボールを止めることで身体をゴールに向けるのがセオリーです。しかし、柿谷選手は得点の可能性を高めるために、より難度の高いプレーを選択しました。利き足ではない左足のアウトサイドでトラップすることで、身体の向きをゴール方向に保ったままシュートまでの時間を短縮。キーパーに飛び出すタイミングを与えず、自分により有利な状況を作り出しました。
 
なお、この一連の動作をトップスピードを保ったままおこなうには、優れた技術とボディコントロールが不可欠です。逆足のアウトサイドでトラップしても、利き足の前にコントロールできなければゴールの確率は下がります。左足のプレーに自信がなければ避けたほうが良いプレーでしょう。重要なのは、いくつかの選択肢の中からよりゴールの確率が高いプレーを選択すること。ゴール前でより多くの選択肢を持つために、逆足のボールコントロール技術を磨きましょう。
 
柿谷選手のファーストタッチ②>>
柿谷選手のファーストタッチ③>>
柿谷選手のファーストタッチ④>>
柿谷選手のファーストタッチ⑤>>
柿谷選手のファーストタッチ⑥>>
 
【柿谷曜一朗選手のテクニック記事はコチラ】
柿谷選手の注目すべきプレー『ファーストタッチ』に迫る
柿谷選手のドリブルからわかる、上半身の姿勢の重要性
 
 
■実演
菊池コーチ
菊池健太コーチ
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
構成/文 出川啓太(サカイク編集者)
 
 
<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
1
写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 柿谷選手のファーストタッチ①

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ