1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 子どもの「別に...」を防ぐ!紙に書くことで考える力が身につく

考える力

子どもの「別に...」を防ぐ!紙に書くことで考える力が身につく

2015年2月10日

キーワード:悩み質問

子どもに質問したとき、「別に...」と返されたことはありませんか? こちらが一所懸命に考えて導き出した質問を、「別に...」のひと言で返されたら、我が子とはいえ、ふつふつと怒りが湧いてくることも...。でも、じつはこの「別に...」という反応には、理由があります。しっかりと考え答えてもらうためにはどうすればいいのでしょう。昨年、しつもんメンタルトレーナーの藤代圭一さんを講師に招き行った『サカイクワークショップ』に、ひとつの答えがありました。(取材・文 神誠)

IMG_9678_s.jpg

■書くことは考える練習

あいにくの雨模様、平日20時からの開催にもかかわらず、関東近県から10名の参加者にお集まりいただいた第1回「しつもんお悩み相談室」。5人ずつ2つのグループに分かれてのワークショップ形式に、みなさん最初は緊張の面持ちでしたが、講師の藤代圭一さんが穏やかな口調でリードしていくにつれ、会場にリラックスした雰囲気が漂い始めます。
 
「最初の質問に答えていただいたところで、もう1枚ワークシートをお配りします。そこに、みなさんが今『これを解決したい』『こんな悩みがある』『こんなことが不安だ』、あるいは『これを実現したい』と思っていることを、一つのマスに一つ書いていただけますか。そのとき、ぜひ質問形式で書いてみてください。質問形式とは、最後に“?”をつけるだけです」
 
「質問形式にすることで考えるスイッチが入る」と話す藤代さん。たとえば「子どもたちが全然やる気がないこと」が目下の悩みだとすれば、「子どもたちをやる気にするにはどうしたらいいんだろう?」と書いてみる――。なるほど、ちょっと考えてみよう、答えてみようという意識が働くような気がします。自分でも例にならって質問形式で書き出してみると、頭の中でモヤモヤしていたことがとてもスッキリしました。その様子をしばらくうかがっていた藤代さんが、つづけてグループでの伝え合いを促します。
 
「まずはお名前と、お子さんの学年・年齢もしくは指導されている年代、それをふまえたうえで質問の答えを教えてください。発表を聞く人は質問のルールにならって、『そうだよね!』と受け止めていただければと思います。今日は他の人の答えを聞いたら小さく拍手をしましょう。そんな流れで、グループごとに伝え合いをしていただきたいと思います」
 
…というわけで、私の番です。うちの息子は今年で3歳。サッカーに興味をもってもらえるように1歳の誕生日からボールを与えて仕込み始め、いまのところ「(おおきくなったら?)さっかーせんしゅ!」「(ポジションは?)ぼらんち!」と言えるようになりました(笑)。そんな息子ですが、もちろん悩みがないわけではありません。たとえば…
 
・相手によって態度を変えるのはどうしたらいいのだろう?
・同じ失敗を繰り返すのはどうしたらいいのだろう?
・勝ちにこだわりすぎるのはどうしたらいいのだろう?
 
などなど。特に勝ちにこだわりすぎるところは、まわりから「うらやましい」とも言われるのですが、かけっこで友だちに抜かされると「もうらやらない!」と止まってしまったりするのはいただけません。これにはグループの方からも「そうだよね~」と同意いただき、「年長ぐらいになればだいぶよくなりますよ~」と励ましの言葉をいただいてちょっぴり安心しました。伝え合いがひと段落したところで、藤代さんがワークの意図を解説します。
 
「今日はサカイクのワークショップですので、“子どもたちが自ら考えるためにはどうしたらいいのか”というテーマを念頭に、みなさんにも一緒に<考える練習>をしていただきたいと思います。そのときの1つめのポイントがこれ、頭の中を整理して書き出してみるということです。
 
子どもたちも、いきなり『最近楽しいことなにかあった?』って聞いても、『うーん、別に』って言います。でも、『じゃあ紙に書いてみようか』と声をかけると、書き出す子が出てくるわけです。つまり、すぐに答えなきゃいけないと思うと、子どもたちはプレッシャーを感じて『別に…』となる。
 
そういうとき、書き出す時間を作ってみてください。もしかしたらみなさんも、頭で漠然と思っていた『解決したいこと』が、紙に書くことによって整理できたかもしれません。こんなふうに書き出してみることが、考える練習の1つめのポイントです」
 
1  2
取材・文 神誠 写真 サカイク編集部

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(263件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 子どもの「別に...」を防ぐ!紙に書くことで考える力が身につく

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ