1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~

みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題

2016年11月24日

キーワード:島沢優子悩み母親

コーチの子どもたちに対する罵詈雑言がひどい。わが子の成長にも悪影響を与えるので、いますぐコーチの考え方を改めてもらうか、それが叶わないのならコーチを替えてもらいたい。
 
子どもは、今のチームを辞めたくないと言っているし、母親としてどうしたらよいでしょうか?
 
そんなサッカーママたちの問題を解消するべく、ご自身もサッカー少年少女の母としての子育て経験を持つ、教育・スポーツジャーナリストの島沢優子さんが立ち上がってくれました。親の接し方次第で、サッカーは子どもを一人前にする最高のツールになります。自身もサッカー少年の母でもある島沢さんが、あなたの悩みに寄り添います。(文 島沢優子)
 
IMG_0126_s.jpg
 
<<力が入り過ぎるパパをどうしたらいいの問題 「過干渉をやめよう」と伝えても効果ナシ
 

■「大人が学び合う」場所で子どもは伸びる

似たような親御さんたちの悩みをいくつも聞いたことがあります。
 
あるサッカー少年団の50代の男性コーチは、技術の劣る子を罵ったり、個人攻撃をするところが問題でした。「少年サッカーは6年間で結果を出さなくてはいけない」と主張したため、「結果よりも全員の底上げを」と考えるコーチとたびたび対立しました。
 
ところが、なかなか解決できません。なぜなら、彼は指導歴20数年のベテランのうえ、平日はお父さんコーチの中で唯一自営業であるその方が教えていたため、指導の改善を求められると「僕がコーチを辞めたら平日は誰がみるの?」と言う。(実はこのような「平日特権」は、サラリーマンのお父さんコーチが多い首都圏では少なくない)
 
この方、わが子が卒団した後もボランティアで指導を続けていました。その姿勢はとても立派です。でも、指導のことで親ともめるたびに、卒団生の親に「僕をやめさせようとする」と連絡。それを何度も繰り返しました。
 
つまり、罵詈雑言時代をよしとしてきたOBの親たちが「コーチはボランティアなんだから大目に見よ」とかばうため、その方の指導はまったく改善されません。
 
コーチの指導改善が目的だったのに、気づけば常に保護者間に軋轢が生まれました。そのことで子ども同士もぎくしゃく――。子どもに楽しくサッカーをやらせるのが目的なのに、本末転倒です。
 

■怒鳴るコーチを変える方法

では、どうすればいいのでしょうか?
 
チームが民間経営のクラブであれば、罵詈雑言コーチは言語道断。即刻替えてもらいましょう。ただし、それ以外の少年団や町クラブであれば、以下のように段階を踏んで解決を目指しましょう。
 
一段階目は、そのコーチと話をします。ただし、ひとりでやらない。みんなでやる。同じ問題意識を持つ保護者何人かをあらかじめ募っておきます。
 
その際、以下の四つのことを順番に伝えてください。
 
1.コーチを務めてもらっていることに対し感謝の気持ちを伝える。
 
2.JFA(日本サッカー協会)の指導指針に書かれていることなどを伝え、コーチを責めるのではなく「良い指導とは何か」を話し合う。
 
(以下のような文言=HPより)
コーチが審判や相手や、自分のチームの子ども達を罵倒していたら、子ども達もそれを真似します。判定の不服、思い通りにいかない状況への苛立ちも、子どものサッカーでは飲み込んでください。いつもこころにスマイルをもって。子ども達に尊敬されるコーチとして、すばらしい見本になってください。
 
参考資料はこちら
合言葉はPlayersFirst!!>>(PDF)
お持ちですか?子ども達からの招待状>>(PDF)
 
3.それでも自身の指導を省みる気配がなければ、指導の姿勢を変えて欲しい旨を伝える。
 
4.怒鳴ることの効果うんぬんよりも「見ていて嫌な気持ちになる」「子どもは決してハッピーではない」など保護者の思いを伝える。
 
二段階目。上記を経て好転しない場合は、チームの保護者とコーチ全員で話し合いを。ここでも、いきなり責めるのではなく、まず感謝の言葉を。怒鳴る行為の向こう側に、「子どものために」という気持ちがあるかも。
 
そのうえで、どうして怒鳴ってしまうのかコーチの気持ちを聞く。その際に「子どもが言うことを聞かない」などと言う場合は、そこを一緒に育てていってほしいと話す。加えて、怒鳴られてどんな気持ちなのか、子どもの意見を聴いておいて、それを伝える。また、個人攻撃にならないよう、あくまで「子どものためにどんな指導が良いのか」といった話し合いを心がける。
 
三段階目。少年団や小学校などを母体とした町クラブなら、保護者の代表者、もしくは最終段階はコーチの代表者に相談する。自分たちの学年のコーチを外れても、また違う学年で指導をするのだから、クラブ全体として指導指針を話し合ってもらう。
 
以上のことを試してみてはいかがでしょうか。できれば、二段階目を継続的に行えると、良い方向に向かうと思います。
 
ただし、目に余るパワハラや暴力があったり、コーチが原因で子どもが活動に参加したがらない日が続く場合は、チームを替えることも選択肢に入れてください。流行りのドラマと少し異なり「逃げるは恥じゃないし役にも立つ」はずです。逃げるんじゃない、環境を変えるんだと受け止めましょう。
 
次ページ:怒鳴るコーチも反省しているかもしれない
1  2
文 島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~コンテンツ一覧へ(22件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ