1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法

考える力

シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法

公開:2011年5月12日 更新:2013年6月 6日

キーワード:スペインバルセロナフェイント海外サッカー知のサッカー

<練習2 パスオニごっこ>

《方法》

  1. センターサークルに15人程度が入ります。
  2. オニは2人で、残りの13人のうち、3人がボールを1つずつ持ちます。
  3. オニは手にビブスを持ち、他の選手に触れば、オニと交代します。
  4. オニ以外の選手は、2人のオニに触られないように、センターサークル内を逃げまわります。
  5. ただし、ボールを持っている人は、オニに触られても平気です。 (人数やボールの数は、状況に応じて変化させてください)


《解説》

これは練習の初めにおこなう、遊びの要素を含んだウォーミングアップです。オニから逃げるときは、しっかりとフェイントの動きを入れて、相手の逆を突くことがポイントになります。フェイントをする際には、腰を沈めて左右に動きましょう。腰の位置が高いと、フェイントが浅くなってしまいます。腰を沈めて、行きたい方向と反対側にフェイントをかけて、オニをかわしましょう。また、「ボールを持っている人はオニに触られてもOK」というルールがあるので、ボールを持っている選手は、オニに追われている選手をみつけて、素早くパスをしましょう。そうすることで、味方を助けることができます。ボールを持っている人、持っていない人ともに、オニと周囲の状況を常にチェックすることが大切になります。

<まとめ>

ここで紹介したメニューのように、練習の最初はウォーミングアップを兼ねた、遊びの要素の含まれた練習をおこないます。とはいえ、単なる遊びではなく、判断やコミュニケーション、アジリティ、パス&コントロールなど、様々な要素を同時に刺激します。ここで紹介したメニューのように、サッカーに必要な要素を複合的に鍛えることができる練習こそが、よいトレーニングといえるでしょう。

取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan(PC)

取材・文/鈴木智之
写真/小川博久

<<『シャビ・プジョルを育てたジョアン・ビラ』最初の記事へ

■【告知】『知のサッカー』:サッカーサービス社監修のトレーニングDVD

世界最強 FCバルセロナで14年間指導したジョアン・ビラ氏率いるサッカーサービス社が日本のU-12指導者のために作ったトレーニングDVD。スペシャルサイトにて先行予約受付中!(6/20発売予定)この指導法は、バルサのそれを超えていく可能性がある。 スペシャルサイト(PC)http://www.think-soccer.com

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(308件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法