1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法

考える力

シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法

2011年5月12日

キーワード:スペインバルセロナフェイント海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

FCバルセロナ(スペイン)の下部組織監督として、数多くの選手を育ててきたジョアン・ビラ。彼の教え子であるシャビ、プジョル、V・バルデスたちは、現在のバルセロナの中心を担っています。ジョアン・ビラは現在、FCバルセロナを離れ、「サッカーサービス」という組織を作り、カタルーニャのみならず、ヨーロッパやアジア各国を回り、育成年代の選手を指導しています。

彼らは今年2月に来日し、日本のU-12年代を対象としたクリニックを行いました。密着取材を敢行したサカイク編集部は、ジョアン・ビラが考える「チャンピオンズリーグで活躍する選手になるための指導」について、様々な角度から迫っていきます。

今回は、クリニックの初めに行われていた、ウォーミングアップ用のトレーニングメニューを紹介します。

11.5.12-1.jpg

<練習1 手つなぎオニゴッコ>

《方法》

  1. 四角いスペースの中に選手が15人程度、入ります。
  2. オニは最初ひとりで、オニにタッチされた人はオニの仲間になり、手をつなぎます。
  3. 2人のオニは手をつないだまま、3人目の仲間を探しにいきます。
  4. オニにタッチされたら手をつないで仲間になり、オニが3人、4人と増えていきます。
  5. オニが4人になったら、2人ずつにわかれ、オニが2組になります。
  6. 2組がオニの仲間を探しに行き、オニの数が5組、6組......とある程度の数になったところで終了です。


《解説》

これはウォーミングアップとして、遊びながら体を動かすだけでなく、判断とコミュニケーションのトレーニングにもなります。オニは手をつないだ状態で、ひとつのかたまりとなって動かなくてはいけません。そこで「右にいこう」「あの選手を狙おう」などのコミュニケーションをとることができれば、スムーズに動くことができます。一方、オニ同士でコミュニケーションがとれないと、バラバラで動くことになり、行きたい方向に進めなくなります。オニが2人のうちは、意志の統一もしやすいですが、3人になると色々な意見が出て、足並みがそろわなくなります。ポイントはコミュニケーションをとって、チームで一緒にターゲットを狙いに行くことです。みんなで同じ方向を向いていれば、つかまえることができます。オニから逃げるときは、前後左右にフェイントを入れることを徹底しましょう。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(263件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ