1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<2>チャンピオンズリーグで活躍する選手になるための指導法

考える力

2011年4月24日

シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<2>チャンピオンズリーグで活躍する選手になるための指導法

キーワード:スペインバルセロナ海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

■「テクニックと戦術を切り離さずに、一緒にトレーニングをする必要がある」

元FCバルセロナ下部組織監督でシャビの育ての親、ジョアン・ビラの指導哲学に迫るインタビュー。今回のテーマは「育成年代の指導について」です。

11.4.24-1.jpg 11.4.24-2.jpg

――横浜で行われたクリニックを取材していると、日本のU-12の選手に対して、戦術的な指導を細かくしていました。それは正しいプレーを身につけるために必要なことだからでしょうか?
「そのとおりです。多くの子どもたちはテクニックを学ぶことから始めます。しかし、テクニックと戦術は切って切り離せないものです。なぜなら、サッカーはテクニックを見せ合うスポーツではないからです。サッカーを始めた段階から、テクニックと戦術を切り離さずに、一緒にトレーニングをする必要があると思います。それはサッカーを始めた最初から最後、つまりトップチームに上がるまでです。これがもっとも重要なことではないかと考えています」

――日本ではどちらかというと、技術と戦術を切り離してトレーニングする場面が多く見られます。
「それは日本だけでなく、世界の多くの国々で見られる現象です。決してそれがダメだといっているわけではありません。技術の練習も必要です。しかし、戦術的な要素を含んだ練習の割合を多くしたほうが、サッカーを上手くプレーすることができるようになると考えています。パスを例にあげて説明しましょう。パスを出すことは誰にでもできます。しかし、いいパスを出すことのできる選手は、それほど多くはありません。選手や指導者は、どのパスが本当にいいパスか、質の高いパスかを考える必要があります。いくつかの選択肢の中からいいパスを選ぶことができるのが、質の高い選手です。シャビが他の選手と違うところは、状況に応じて誰にパスを出せばいいか、ベストの選択ができることです。近くにいる選手にパスを出すことはだれでもできます。大切なのは、いつどこで、どのタイミングで誰に出すのかを選ぶことです。それは、技術だけのトレーニングで身につけるのは難しい部分です。判断の要素を含んだトレーニングをして、しっかりと学ぶことが重要です」

1  2  3

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(290件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<2>チャンピオンズリーグで活躍する選手になるための指導法