1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 【第2回】監督の言葉から学ぶ「指導の極意」--あきらめない気持ち

考える力

【第2回】監督の言葉から学ぶ「指導の極意」--あきらめない気持ち

2011年1月 1日

キーワード:Jリーグコーチングサンフレッチェ指導者監督

優秀な指導者からは、指導の極意や哲学を学ぶことができます。ここでは、そんな監督たちの言葉を見ていきながら、「子どもたちの指導」について考えていきます。
第二回目もサンフレッチェ広島ユースの森山監督に学んでいきます。

■子どもが変わる土台を作るのも大人の仕事

2010年10月、日本の高校生年代の頂点を決める、高円宮杯全日本ユースの決勝戦が行われました。全国の高校、クラブチームの頂点に立ったのはサンフレッチェ広島ユースです。

0002251.jpg広島ユースは高円宮杯全日本ユースの準決勝、決勝と先制点を許しながらも、逆転勝ちで勝利をおさめました。選手たちは口々に「絶対に逆転できると思ってプレーしています。あきらめる選手はだれもいません」と胸を張ります。

広島ユースの選手たちが体現した「あきらめない気持ち」について、森山監督は試合後の記者会見でこう言っていました。

「育成年代の試合を見ていると、点差がつく試合が増えているように感じます。いくらいいゲームをしていても、相手に2点入れられたらあきらめて終わってしまう。でも、うちの選手は絶対にそれはないんです。なぜかというと、子供らはできるんですよ。大人は(すぐにあきらめてしまうのは)『今の子はそうだから、仕方ないよ』と言うけど、毎日、毎日、毎日、毎日、選手たちに働きかければ、『絶対に負けたくない』とか、『どんなことがあっても勝ってやる』とか、子どもが本来持っているものを出すようになるんです。大人が、『最近の子は勝利に対する執念がないよね』とか、『おとなしいよね』とか言うけど、そうしているのは大人であって、大人がそういう事を言っているから、いつまでたっても子供は変わらないんんじゃないかと思うんです」

指導者が求め続ければ、選手は変わる。森山監督はそう考えています。

「普段の環境から厳しい状況を設定して、上手な子に運動量を要求したり、がんばらせたり、勝負にこだわらせる。それはシステムや戦術ではない部分の話ですよね」

森山監督は常々「うまいだけじゃ勝てない。強いだけじゃ勝てない」と言っています。うまさ、強さを発揮するための土台となるもの。それを築くのも、指導者そして大人の大切な仕事なのかもしれません。

Photo//Kenzaburo Matsuoka

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(264件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 【第2回】監督の言葉から学ぶ「指導の極意」--あきらめない気持ち

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ