1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 小学生から学べる!レアル・マドリ―の守備を破壊したバルサの "マークを外す動き"

テクニック

小学生から学べる!レアル・マドリ―の守備を破壊したバルサの "マークを外す動き"

公開:2015年11月23日 更新:2018年10月 9日

キーワード:サッカーサービススアレスネイマールバルセロナマークを外す動きレアル・マドリ―

flian_01.jpg
 

■右ウイング、セルジ・ロベルトの守備面での貢献

スアレスとネイマールとともに、3トップを形成したのがセルジ・ロベルトです。彼はバルサにとって、非常に重要な選手です。スアレスの先制ゴールを導いたアシストを始め、レアル・マドリーの守備ブロックを突破するための動きが、非常に効果的にできていました。彼には、ネイマールのようなドリブルで相手を抜く技術はありませんが、効果的なパスを出すことができる選手です。どこにボールを動かせば、相手が嫌がるか。あるいはどこにスペースができそうかを予測し、的確な判断でプレーをすることができます。つまり「ゲームを理解する力」に秀でた選手です。
 
クラシコでは守備面での貢献も光っていました。レアル・マドリーの左サイドにはC・ロナウドがいます。スピードとパワーに優れた選手です。彼を封じ込めるために、右ウイングのセルジ・ロベルト、右インサイドハーフのラキティッチ、右サイドバックのダニエウ・アウベスが連携し、非常に良い守備をしていました。後半、ベイルのクロスにC・ロナウドがダイレクトで合わせたプレーがありました。そのときに守備対応していたのはセルジ・ロベルトでしたが、それ以外はうまく守備をしていたと思います。
 
バルセロナの監督がルイス・エンリケになり、グアルディオラ時代に完成したボールを失った直後にすばやくプレスを掛ける守備方法に加え、自陣にブロックを形成して守るという方法も確立されました。試合の状況によって両方を使い分けることが、チームとしてのバランスの良さ、安定感につながり、クラシコでレアル・マドリーの攻撃陣を封じ込めることができた、ポイントのひとつでしょう。
 
次回の更新ではセルジ・ロベルト、イニエスタ、ラキティッチがクラシコで見せた「相手を突破するサポート」について。そして、世界トップレベルの選手はどのような守備をしているのか。ジュニア年代から身につけるべき、守備の個人戦術について解説したいと思います。

●おすすめ商品●

プロの試合から学ぶ!DVD『知のサッカー2巻』

think2_img400x200.jpg

FCバルセロナのカンテラの指導経験もあるサッカーサービス社のコーチ陣が、13歳までに身につけておくべき「認知」「判断」といったサッカーの個人戦術を徹底解説。プロの試合映像をもとに実際の動きを学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。

知のサッカー2巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 小学生から学べる!レアル・マドリ―の守備を破壊したバルサの "マークを外す動き"