1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 良質なパスとは?強くて速いパスを要求するメリットとデメリット

テクニック

良質なパスとは?強くて速いパスを要求するメリットとデメリット

2014年12月17日

キーワード:キックシュート

世界中に普及しているサッカーですが、各国それぞれが違ったサッカー哲学や趣向を持っています。有名どころでは、守備を重要視するイタリアであったり、テクニカルな攻撃サッカーを好むブラジルであったり、強いキックで構成されるパスサッカーを好むイングランドが挙げられます。
 
イングランドでは一般的に、ジェラードのように強いキックを蹴ることが求められます。なぜなら、パススピードが速いと相手DFも反応することが難しくなるため、普通に出せば通らないパスも、スピードをあげることで通すことが可能になります。実際、欧州トップレベルのチームのパススピードのアベレージは速い。
 
しかし、強いキックを盲目的に推奨することは危険でもあります。イングランドの現場でコーチとして活躍する宇治誠さん(リヴァプールFCサッカースクールコーチ、イングランド4部トランミア・ローヴァーズFC U13コーチ)にお話をうかがいました。(取材・文/内藤秀明 写真/wonker
 
pass8_o.jpg
 

■パスミスとトラップミスの境界線

宇治さんは、次のように言います。「イングランドの子どもたちは、スパーンと強いキックを蹴りたがる傾向にあります。FAでも言われるたとえ話をご紹介しましょう。スペイン人が何人かいます。彼らにボールを与えます。するとなにを始めると思いますか? 彼らはポゼッションゲーム(ロンド)を始めます。同じことをブラジル人で試すと、彼らは周囲にあるものを使ってゴールを設定し、試合(ストリートサッカー)をはじめます。これがイングランド人の場合は、ターゲットをつくって思い切りシュートを打ち始めます。壁打ちやクロスバーチャレンジなども好みます。そういうプレーが好きだから、自然と中長距離まで届く強いキックを蹴ることができるる選手は増えますし、縦に早いサッカーを発展します」
 
「基本的に彼らのパスはつねに速く、緩急もありません。たとえば、中盤の選手が前線の選手に縦パスをあてるときも、日本だと考えられないようなライナー性の速いパスをあてるし、FWもそれをぴたりと止めることを求められます」と明かします。宇治さんはこの点が、イングランドのストロングポイントであることを認めつつも、「ただ、キックに関して強く蹴ることしか練習してこなかった子どもが多いからか、自分のパスが速すぎて味方がミスした場合や、パスに味方が追いつかなかった場合でも、『とれない味方が悪い』と言って、味方のせいにすることが多いです。これは、パススピードをコントロールする意識も能力も低いから起こる現象だと思います」
 

■状況に合わせた適切なパススピード

パススピードをコントロールする能力は重要です。たとえば、味方のストライカーがペナルティボックス内の狭いスペースに飛び込んだとき、適切なコースとスピードで縦パスを供給すれば決定機に繋がります。ただ、コースが正確でもスピードが速すぎれば、追いつくのは難しいですし、仮に追いついても狭いスペースの中で正確にトラップしてシュートまで繋げるのは難しくなります。また、CBがMFに緩いパスをあてることで、相手ディフェンダーを一枚引き付けてスペースをつくり、そのスペースをうまく活用して攻撃することもできます。パスは速ければいいというわけではありません。現代サッカーでは、状況に応じて緩急を用い、相手の守備に隙を生みだし、そこを突くことが求められます。

1  2
取材・文/内藤秀明 写真/wonker

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 良質なパスとは?強くて速いパスを要求するメリットとデメリット

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ