1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. W杯優勝の秘訣!?ドイツ人がこだわる「ツバイカンプフ」とは

テクニック

W杯優勝の秘訣!?ドイツ人がこだわる「ツバイカンプフ」とは

2014年9月 4日

キーワード:ドイツ

※COACH UNITED転載記事(2014年7月10日掲載)※
 
過去3度のW杯優勝、4度の準優勝の成績を残し、ゲリー・リネカーをして「最後に勝つのはいつもドイツだ」と言わしめるドイツ。ブンデスリーガも好調で、ワールドカップベスト8に残ったチームの中で、もっとも多くの選手を輩出したリーグでもある。では、なぜドイツはこれほどまでに勝負強いのだろうか。UEFA A級/ドイツA級ライセンス保持者の三枝寛和氏に話を聞いた。(取材・文/鈴木智之 Photo by yose chateauvert)
 
9639894473_a6dd181957_o.jpg
 

■ドイツ人が重要視する"ツバイカンプフ"

サッカーはスポーツだが、"闘い"の側面もある。ブラジルワールドカップで繰り広げられた死闘の数々は、『ただボール扱いが上手いだけでは、勝つことができない』というサッカーの真理を教えてくれた。闘いの局面が顕著になるのが、球際の争いやドリブルでの突破など、1対1の場面だ。ドイツでは1対1を"ツバイカンプフ(2人の戦い)"と言い、重要視している。三枝氏は語る。
 
「ブンデスリーガのテレビ放送の中に、両チームの選手の1対1の勝敗がデータとして表示されることがあります。指導者ライセンスの講習会時に、様々な試合データを分析することがあったのですが、ボール支配率やシュート数などは、試合の勝ち負けにそれほど因果関係はありませんでした。唯一、局面での1対1の勝率が、試合結果と関係があることがわかりました。もちろんデータなので、カウントの仕方による差異はあるとは思いますが、興味深いデータであることは間違いありません」
 
1対1の局面では、だれの目にも勝敗が明らかになり、勝ち負けもはっきり出る。高校年代のチームを指導する三枝氏は「日本の高校年代のトレーニングに、1対1を戦略的に取り入れてもいいのでは」と提案する。そのひとつがチーム内での1対1リーグ戦だ。
 
「1対1をするグリッドを作り、1試合30秒で行います。試合数は1日1試合を基本とするのが良いと思います。年間を通して1対1のチャンピオンを決めるのも良いですし、1日2、3試合(試合間隔は3分間程度で完全レスト)で3~4ヶ月単位で勝敗を競い、1部リーグと2部リーグに分けて、昇格や降格を味あわせるのもおもしろいと思います。さらに、ホーム&アウェーという形で対戦形式を2回にし、分析してトレーニングをする期間を設けるのも良いですよね。練習で時間を作るのが難しければ、朝練や昼休み、練習後の短い時間でできる環境を作れば可能だと思います。1試合30秒ほどなので、グリッドを複数作って同時進行で行えば、短時間で終わります」
 
具体的なアイデアとしては非常におもしろい。審判を置き、勝敗を記録することで選手たちのやる気もアップし、1日1試合しかないので、『この場面ですべてを出し切る!』 と強い気持ちで臨むことにもなる。
 
「一般的な高校生で、『1対1+GK』であれば、グリッドの広さは24m×14m程度で、あとは選手のレベルに合わせて大きさを変え、負荷を調整します。1対1はトレーニング負荷が高いので、1試合、長くても30秒に設定します。突破に行くプレー、ボールを奪いに行くプレーが大切なので、ミス待ちやディレイはさせず、オフェンスもディフェンスも自分から仕掛けさせます。チームにGKが少ない場合は、グリッドを20m×12mにしてゴールゾーンを設け、そこでボールを止めたら一点とするなど、方法はたくさんあります。1対1の勝敗を順位表にして張り出して、練習試合のポジションを決めるのもおもしろいですよね。練習での真剣勝負の積み重ねが、勝利に対する強いメンタルにつながっていくのだと思います。」

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. W杯優勝の秘訣!?ドイツ人がこだわる「ツバイカンプフ」とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ