1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ブラジルのストリートサッカーにある"シュートを工夫する文化"

テクニック

ブラジルのストリートサッカーにある"シュートを工夫する文化"

2014年6月25日

キーワード:サッカーシュートブラジル

ワールドカップ・ブラジル大会の開幕戦「ブラジル対クロアチア」。この試合を決定づけるオスカル選手の3点目は記憶に新しいことと思います。
 
あのシュートを見て、「どうしてクロアチアのキーパーは、あのような弱いシュートを止めることができなかったのか」と感じた人も少なからずいるのではないでしょうか。ブラジルの現地で見ていた私もその一人です。さらに言えば、ネイマール選手の1点目も「防げるのでは?」と少し思ってしまうものでした。
 
「僕たちはいつもシュートを狙っているんだよ。だってゴールを決めたいから」
 
そう話してくれたのは、開幕戦の翌々日にブラジルで一緒にストリートサッカーをした9歳の男の子です。
 
9歳~25歳までが一緒になってサッカーをしたのですが、そこでオスカル選手やネイマール選手のシュートが生まれた理由を知ることができました。
 
DSC0906901.jpg
(取材・文・写真/遠藤由次郎)
 

■ブラジル人がゴールの決め方を知っている理由

シュートをしないとゴールが決まらないのは当たり前の話です。ところが、やみくもにシュートを打っても入らないのも事実です。では、どうしたらゴールが決められるのでしょうか。
 
ブラジル人の子どもたちは、大人や年上の子どもたちと一緒にサッカーをします。年上の子どもも一切手加減をしないので、小さな子どもは普通にプレーをしていたら点を決めることができません。
 
でも、負けず嫌いで目立ちたがり屋ばかりの彼らは、どうしてもゴールを決めたい。そこで、威力に頼るシュートからタイミングをずらすシュートを自然と打つようになるのです。
 
実際、「え? そのタイミングでシュートを打つの?」ということが何度もありました。小さなモーションで突然シュートをしたり、いきなりダイレクトシュートを打たれたりして、恥ずかしながら何度も10歳前後の子どもに点を決められてしまいました。さらに、わざと足を出させて股の下を抜くシュートも狙ってきます。
 
逆に言えば、それしかゴールをする方法がなかったのかもしれません。
 
DSC09073or.jpg
 

■自発的に工夫したシュートを打つために

しかしブラジル人の子どもたちは、いろいろ世代が入り混じってするストリートサッカーの中で、自然と冒頭のオスカル選手やネイマール選手のようなシュートを身につけたのだと思います。
 
日本では危険だから、小さい子には手加減することが多いと思います。もちろん怪我などを考えてのことですから否定は出来ません。
 
しかし、あまりにいつも手加減をしてしまうと、“シュートに工夫を凝らす”ことはないのではないでしょうか。
 
強い相手、大きい相手に対してゴールを生み出すためには、シュートに工夫が必要です。そのためにも、小さな子どもが“どうやったら点が決められるのか”を自発的に考えるよう促してあげることも大切だと思います。
 
DSC09076.JPG
 
1
取材・文・写真/遠藤由次郎

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ブラジルのストリートサッカーにある"シュートを工夫する文化"

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ