1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. adidas U-12クリニック『今こそ、子どもたちに「夢」を』-Part3(2/2)

テクニック

2011年7月 7日

adidas U-12クリニック『今こそ、子どもたちに「夢」を』-Part3(2/2)

キーワード:トレーニング海外サッカー自立

「僕が小学生の頃は、フットボールクリニックでプロの選手が教えてくれたり、国立競技場でプレーするというような機会がなかったので、とても、うらやましいなと感じました。また、そのような貴重な時間を、子どもたちと一緒にプレーすることができて本当に楽しかったです。

今の子どもたちは、Jリーグはもちろん、海外のサッカーを見る機会も多いし、環境も整っている。夢に向かって何をすればいいのか、何が必要なのかということも、分かりやすくなっていると思うので、それに向けて毎日頑張ってほしいですね。僕も、スペインリーグの上位チームに移籍すること、2014年のW杯に出場するという夢に向かって、前に進んでいきたいと思います」

▽あとがき*****
あこがれの国立競技場。日本を代表するレフティーだった名波浩氏の直接コーチと家長昭博選手のサプライズゲストに、子どもたちの目がキラキラと輝き、いつまでもボールを蹴ってしまいそうな夢の一日。参加した180人の子どもたちにとっても、見守る保護者のみなさんにとっても、幸せな時間であったことが、その表情から伝わってきました。「今度はプロ選手としてピッチに立ちたい!」そんな言葉が、会場を後にする選手たちから聞こえてきたのが印象的でした。

アディダス キッズサイトはこちらへ

キリンの食生活文化研究所はこちらへ

取材・文/石井宏美
写真・構成/サカイク編集部

<<『2011 adidas Football Clinic U-12』最初の記事へ

前のページ 1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. adidas U-12クリニック『今こそ、子どもたちに「夢」を』-Part3(2/2)