1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第17回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座世界で活躍するレフティー編

テクニック

【第17回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座世界で活躍するレフティー編

2011年4月 2日

キーワード:Jリーグサンフレッチェトレーニングドリブルレフティー森崎ツインズ練習

現在、サンフレッチェ広島で双子のプレーヤーとして活躍中の森崎浩司選手と森崎和幸選手。この森崎ツインズが小学生プレーヤーのためにサッカー上達のヒントを伝授するコーナー。自身も左利きの浩司選手が教えてくれる、レフティーの極意、第2回目です。

11.4.2.jpg

■メッシ、ロッベン......。ドリブルを得意とするレフティー

世界を見渡せば、数え切れないほど、レフティーの選手はいます。しかも、スーパースターといわれるような選手の中に左利きの選手は多いのです。

僕が子どものときに、同じ左利きと知ってうれしかったのは、2010年W杯でアルゼンチン代表監督を務めていたディエゴ・マラドーナです。現役時代の彼は、左足しか使っていないのではないかというほど、左足を巧みに駆使して、相手を抜きさり、華麗にゴールを決めていました。 現代において、そのマラドーナの姿は、バルセロナ(スペイン)のリオネル・メッシに重なります。さらにはバイエルン(ドイツ)のアリエン・ロッベンもレフティーの代名詞ともいえる選手ですよね。個人的に好きなラウール(シャルケ/ドイツ)も左利きですが、彼はドリブラーではなく、ストライカーなので、少々タイプは異なりますよね。

レフティーの選手は、独特のリズムやボールの持ち方をするといわれるように、ドリブルを得意とする選手が多いものです。それも右利きの選手とは異なり、両足を使うのではなく、ほぼ左足だけを使い相手を抜いていく選手が多いんです。メッシもフィニッシュなどでは右足でシュートすることもありますが、ドリブルはほぼ左足のみといっていい。また、ロッベンも同様に使うのは利き足である左だけですよね。 さらに彼らのドリブルには特徴があります。それはボールタッチの回数が多いということです。これは僕が彼らのドリブルを見ていて思ったことですが、前方に広大なスペースが広がっているときは、トラップの幅が大きくても問題ないのですが、相手が密集している間をすり抜けていくようなドリブルをするときは、ボールタッチが細かいほうがトップスピードをキープしやすいんです。ボールタッチの回数を増やすことで、常に右にも左にも、それこそまっすぐ進むという選択肢をも持っていられる。また、相手からすると、細かくボールタッチされると、いつ飛び込んでいいのか判断が難しいものです。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第17回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座世界で活躍するレフティー編

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ