1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第1回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)の ワンポイントサッカー講座 ドリブル初歩編

テクニック

【第1回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)の ワンポイントサッカー講座 ドリブル初歩編

2010年12月 6日

キーワード:Jリーグサンフレッチェトレーニングドリブル森崎ツインズ練習

現在、サンフレッチェ広島で双子のプレーヤーとして活躍中の森崎浩司選手と森崎和幸選手。この森崎ツインズが小学生プレーヤーのためにサッカー上達のヒントを伝授するコーナー。第一回目は和幸選手の登場。テーマはドリブル上達において、必要なことについて。

■上達の近道はボールに触ること

1-1-1-1-1.jpg 「僕と浩司は、ともにサッカーを始め、ともに成長してきました。その僕らが小学生のときに経験したこと、またプロになる過程で学んだことが、少しでもみんなの参考になり、役に立てばと思っています。 今回からいろいろなテーマで、プレーの基礎から応用まで語っていく予定でいるので、取り入れられそうだなと思ったら、積極的にトライしてみてください。記念すべき、最初のテーマはドリブルにしたいと思います。

サッカーが上達するには、ボールにより多く触れることが一番の近道。それだけにボールを何度もタッチするドリブルは、トラップやパスと同じく、とても重要なんです。それこそ双子の僕らは、サッカーを始めてからいつもボールを蹴っていました。サッカークラブも一緒ならば、もちろん学校の行き帰りも一緒。放課後に、サッカークラブの練習が終わった後も、家に帰る道中で公園やボールを蹴れるスペースを見つけてはサッカーをしていました。もちろん家の前の道路でも、2人でストリートサッカーみたいにボールを蹴って遊びました。 道路は危ないからダメだけど、みんなもサッカーができる環境が近くにあったら、練習以外でも友達を誘って、積極的にボールに触る、サッカーをする機会を増やしてください。僕らがそうして成長したように、"ボールに触れること"がまずは上達への近道なんです。

今回は、自分の小学校時代を振り返ってしまいましたが、次回からは具体的にドリブルについて話していきたいと思います。お楽しみに!」

photo.jpg
森崎浩司選手(左)&森崎和幸選手(右)//
ともに2000年にサンフレッチェ広島へ加入した双子のMF。双子ならではの抜群のコンビネーションでサンフレッチェの中盤をコントロール。高度な技術と知性で、攻守に渡ってチームに貢献している。

【森崎ツインズの記事一覧へ】

次回ページへ進む>>

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第1回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)の ワンポイントサッカー講座 ドリブル初歩編

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ