1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. サッカーでも重要な「人の話を聞く力」を育てるために、親が心がけることは!?

こころ

サッカーでも重要な「人の話を聞く力」を育てるために、親が心がけることは!?

2017年3月 8日

キーワード:人の話を聞く傾聴力母親父親環境親子

「子どもがコーチの話を聞かなくて困る」ということがあります。大人にくらべ集中力が続かない子ども達は注意力が散漫になってしまいがちですが、コーチの話を聞いてないと、練習のポイントが理解できず正しいトレーニングができませんよね。
 
サッカーでも学校生活でも大事な「人の話を聞く」力。子どもの「聞く力」(=傾聴力)を高めるためには、親の接し方が重要です。今回は「聞く力」を高めるコミュニケーションスキル「NURSE」を指導している国立がん研究センター東病院・副看護部長の關本翌子(せきもと あすこ)さんにお話を聞きました。(取材・文 木之下潤)
 

■親に傾聴力があると子どもに傾聴力が身につく!

nurse_method.jpg

 
医療現場で働く看護師には患者やその家族とうまく信頼関係を築くために、コミュニケーション技術が必要になります。時にがんといった病を患うケースもあり、病気の程度に関わらず様々な患者さんと向き合っていかなければなりません。そこで看護師の中には傾聴力を高めるために「NURSE」を学ぶ人がいるそうです。
 
「NURSE」のスキルを参考にして子どもたちに「聞く力」をつけさせるには親はどのように接したらよいのでしょうか。
 
關本さんは自らの経験談から、まず傾聴力の重要性について語ってくれました。
 
「私も二人の子どもがいる母親ですが、今振り返ればちゃんと子どもたちの話に耳を傾けられていたのかなと思います。まずは彼ら彼女らの考えていることをすべて受け止めないとコミュニケーションは始まりません。思っていることを吐き出さないと『なぜそう思っているのか』『なぜそうなったのか』と自分の身にふりかかったことを振り返る機会になりませんし、『どうせ僕(私)の話は聞いてくれない』と心を閉ざしてしまいます」
 
さらに今回の核心部分を取材後の雑談の中で、こんな言葉として残してくれました。
 
「最近気がついたのは『親に聞く力があれば、結果的に親が助かる』ということです。それは裏を返すと『子どもに聞く力がある』ということなんですよね。お互いの話をちゃんと聞く姿勢が育てば、そのおかげで心にゆとりを持てるようになった気がするんです」
 
この真意をこれから記していきます。まず、關本さんは「NURSE」というコミュニケーションスキルを、4年以上のキャリアを持つ看護師に教えているそうです。
 
N=Naming(名前をつける)
U=Understanding(理解する)
R=Respecting(承認する)
S=Suporting(支持する)
E=Exploring(探求する)
 
NURSEとはそれぞれの言葉の頭文字ですが、患者さんやその家族とうまく信頼関係を築く上で非常に大切だと説明してくれました。
 
「たとえば、お子さんが話す内容を何かの言葉で言い換えることができると思うんです。『今日発表の時、何か頭が真っ白になって覚えていないんだよね』と言われた場合、『そう、緊張してドキドキしちゃったんだね』と違う言葉で感情を置き換えてあげられます。すると『そうなんだ』と感情を言い当てられ、自分のことをあらためて振り返るきっかけになります。もちろんその逆もあって、『違うよ、こうだったんだよ』と言い当てられなかったとしても振り返るきっかけになります。これが“N=Naming”です」
 
次ページ:ポイントは褒め方、結果ではなく努力を褒める

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2  3
文:木之下潤

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. サッカーでも重要な「人の話を聞く力」を育てるために、親が心がけることは!?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ