1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第6回】子どものやる気を引き出すために --「"なぜ?"を"なに?"に変える」

こころ

【第6回】子どものやる気を引き出すために --「"なぜ?"を"なに?"に変える」

2010年12月15日

キーワード:コーチング子どものやる気自立

■"なぜ?"を"なに?"に変える質問テクニック

子どもたちの潜在的な意欲、能力を最大限に生かし、自立する力を養う「教育コーチング」という考え方。この普及に取り組んでいるのが、日本青少年育成協会です。第六回目のこのコーナーでは、PM級認定トレーナーの本田恵三さんに「質問の仕方」についてお話を聞いていきます。

コーチングの第一歩は、相手の話を聴くこと。そしてより積極的に聴くために大切なのが質問です。実は、質問の仕方にもいくつかのテクニックがあるのをご存知ですか? そのひとつに"なぜ"を"なに"に変える質問があります。

たとえば、大切な場面でトラップに失敗した子がいたとします。そのときにしてしまいがちなのが"なぜ失敗したの?"という質問です。 これは、"あなたは間違っている""私には理解できない"といった攻撃・批判・否定のメッセージとして相手に届きます。

そこで、"なぜ"を"なに"に変えると、このような質問になります。"トラップに失敗した原因はなに?"この質問は、"あなたはOK(間違っていない)""あなたについて教えてほしい"というメッセージとして相手に届きます。

言われた側は"攻撃された""否定された"とは受け取りません。子どもは自分のエネルギーを、"反発や逃げ"にではなく、次に繋がる原因探しに使うことができます。"練習をさぼっていたからかな..."、"緊張していたからかな..."。子どもなりに答えを持っています。

"なに"を使った質問はほかにも色々作ることができます。"あなたが最高のトラップをするために必要なのはなに?"、"トラップの苦手なところはなに?""大事な場面で100点満点のトラップができたらどんな気分?"など。コーチは相手に対して、"評価・判断"のかわりに"興味・関心"をもって質問をします。

人はだれでも、自分の中に答えを持っています。質問は、"あなたに興味を持っているよ""もっと知りたい"というメッセージとして相手に届き、相手は"認められている""信頼されている"という安心感の中で自分の気持ちや考えを話すことができます。"なぜ・・・"で問いただしたくなったときはぜひ"なに・・・"という質問を使ってみましょう。

ko-tinn.jpg本田恵三//
社団法人日本青少年育成協会本部所属。少年サッカー指導歴15年のベテランコーチ。子どもたちのやる気を引き出す理論と手法に定評がある。

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(181件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第6回】子どものやる気を引き出すために --「"なぜ?"を"なに?"に変える」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ