1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. ボールって"球体"じゃないの? いつも使っているサッカーボールの成り立ちを考えてみよう

サッカー豆知識

2018年5月29日

ボールって"球体"じゃないの? いつも使っているサッカーボールの成り立ちを考えてみよう

キーワード:サッカーボールモルテンヨーロッパリーグ天皇杯小学生皇后杯

■バスケットボールもバレーボールも、最初は同じボール?

molten1_03.JPG

一つのボールが世に送り出されるまでには、様々な試行錯誤があります。それに、ボールには"時代の流れ"も大きく関係しています。例えば、今では当たり前のように使われる「ブレ球」もボールの影響を受けます。内田さんは「技術さえあれば、ボールに関係なく打つことは可能です」としながらも、「理論的には空気抵抗が増えることでブレますし、逆に抵抗を減らすことでブレを軽減することもできます」と言います。

そうやって生み出されたものが、天皇杯や皇后杯の唯一の公式試合球です。ボールの表面にゴルフボールのようなデコボコしたくぼみを施すことで空気抵抗を少なくして、ブレにくいボールになりました。

「バレーボールにも相手が読めない変化をするフローターサーブがありますが、コーナーを突くような技術で勝負する方がFor the real gameの精神に近いですよね。その意味ではサッカーでも、コーナーを狙って打つ、そのシュートを止めるという部分が、『本物のゲーム』に近づくのではないかとも考えられます」

これは、ボールとはあくまでも選手の技術を正確に伝えるための道具という考え方ではないでしょうか。内田さんはさらに、ボールの成り立ちの話の中でもう一つ興味深いことを教えてくれました。

molten1_02.JPG


「バスケットボールもバレーボールもハンドボールも、構造の一番内側は同じチューブできているんです」

あらゆる球技で使われるボールは、製作過程のスタートは同じ。屋内なのか屋外なのか、跳ねるのか跳ねないのか、グリップ力がいるのか滑る方がいいのか......。競技の特性に応じた作り方を経て、それぞれのボールになっていきます。つまり、競技の数だけボールの作り方がある。当たり前のようですが、製作者は本当に様々なことを考えて、プレーヤーの目線に立ったモノづくりを続けているということです。

今回はボールの成り立ちや、構造にまつわる話をご紹介しましたが、次回は、普段子どもたちが当たり前のように使っているボールがどうやって皆さんの手元に届くのかを考えてみたいと思います。

モルテン様企業紹介.JPG

株式会社モルテン

1958年ゴム製造業として設立。サッカーボール、バスケットボール、ハンドボール、バレーボールなど競技用ボールのトップメーカー。ほかにも医療・福祉機器、自動車部品など、広範囲な分野のゴム・樹脂製品を製造。

2019年1月に開催されるAFCアジアカップや、2018-19シーズンのUEFAヨーロッパリーグで唯一の公式球試合として採用されるなど、世界中で使用されている。

ホームページはこちら>>

前のページ 1  2

【参加者募集】
サカイクキャンプ2018夏
今回の夏キャンプは『サッカーについてより深く考えよう』がテーマ。
自分で考えることや挑戦することが楽しくなる、そしてもっとサッカーを好きなる! 
そのきっかけに必ずなる「サカイクキャンプ」
皆様のお申し込みお待ちしております!!
キャンプの詳細、参加申し込みはこちら>>

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

文:本田好伸

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(277件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. ボールって"球体"じゃないの? いつも使っているサッカーボールの成り立ちを考えてみよう