1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. ゲームで育てる! 判断力を磨く!楽しいミニゲーム・メニュー

親子でチャレンジ

ゲームで育てる! 判断力を磨く!楽しいミニゲーム・メニュー

2011年3月 9日

キーワード:ゲームトレーニングドリブルパス判断力練習

海外のサッカースタイルやワールドクラスのコーチング技術を、日本のコーチや選手たちに紹介している「トータルフットボール」。現在、ナイキジャパンの協力のもと、海外サッカーの育成事情に精通したコーチが関東・関西のクラブ、学校へ出向き、トップレベルの練習を無料で実践しています。

ウォーミングアップ、スキルトレーニング、少人数でのゲーム形式練習など、効果的でユニークなトレーニングの方法を知るリー・マンソン コーチに、親子で楽しめるゲーム形式のメニューを紹介してもらいました。

■ゲームは最良のコーチ!

「20年間ハイレベルなコーチングをプロとして経験してきましたが、ゲームが最良のコーチである、というのが私のモットーです。若い世代のプレーヤーにとって、ゲーム(試合)以上に良いものはありません。U12という年代では練習やスキルの上達もとても大事ですが、それ以降のサッカー人生において今、ボールに触れておくことがさらに重要になってきます。

ウォームアップ、いくつかのスキル練習を行なった後は、どういった形でゲームをしたらよいか見てみましょう。答えはいつも少人数での「ミニゲーム」の中にあります。それはなぜでしょう。

  • 11対11のゲームよりボールに触れる機会も多く、さらにテクニックも磨かれる
  • ボールに多く触れることで参加する実感がわき、楽しみながらプレーができ、ゴールの機会も増える
  • 正しい判断力が身につく
  • コーチにとって、プレーヤーをまとめやすい
  • 狭いスペースで出来るので、準備しやすく手軽に出来る
  • 早いテンポで行われるので11対11よりもプレーヤーの身体能力アップにもつながる


以上の理由から世界中のプロチームでトレーニングとしてミニゲームが頻繁に行われています。手軽にできるミニゲームをご紹介しましょう。

■チャレンジ01 スモール・サイド・フットボール

0004091.gif

【準備】
  1. ピッチサイズは年齢に応じてつくる (例:U5-U7:40m x 30m、U8-U9:50m x 30m、U10-U12:60m x 40m)
  2. ゴールは3m x 2mのサイズを各サイドに用意する
  3. U5-7では3号サイズ、U8-1U2では4号サイズのボールを使用

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. ゲームで育てる! 判断力を磨く!楽しいミニゲーム・メニュー

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ