1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】10分あればすぐできる! サッカーに必要な"センス"を身につける

親子でチャレンジ

2010年12月22日

【前編】10分あればすぐできる! サッカーに必要な"センス"を身につける

キーワード:イングランドトレーニングドリブルフェイント練習

0004671.jpgサッカーの本場、スコットランドで選手、コーチとしての経験を持つ「トータルフットボール」のリー・マンソンさん。イングランドやスコットランドの子どもたちは、時間さえあればサッカー場でボールを蹴り、親も子も一緒にサッカーを楽しんでいるといいます。100年以上も前からサッカーと親しんできたこれらの国では、ボールを使った遊びやアイデアも豊富。様々に工夫をして親子がボールと親しんでいるのです。そこで、リーさんに親子でボールと遊びながら楽しめるメニューをいくつか聞いてみました。小学生の世代では技術というより、「センス」を身につけることが大切。サッカー選手に必要なセンスを、自然と身につけられるメニューを見ていきましょう。

■チャレンジ01 どこでもできる! サッカーゴルフ

0004672.gif

車が通るような危ない場所以外なら、どこでも楽しめるのがこのサッカーゴルフ。ベンチや木、池などがある広い公園なら理想的です。親子でボールを二つ用意するだけでOK。スタート地点とゴール地点を決め、ゴルフのように出来るだけ少ない回数のタッチでゴール地点に到着するというルール。例えば、数十m先の大きな木をゴールと決めてスタート。親と子で交互に、どうすれば早くゴールへ到達できるか考え、障害物をよけながらボールを蹴っていきます。距離を見定めてボールを蹴る強さを調節したり、狙ったポイントへボールをコントロールしたりというサッカーの基本を、楽しみながら身につけることができます。

Point!
ゴルフのように、まずはボールをどの地点に持っていきたいかを考えます。そしてその地点を狙ってキックの強さを調節。慣れてきたらボールに回転をつけてみたり、浮き球をつかって障害物を越えてみたりと、工夫していきましょう。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(182件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】10分あればすぐできる! サッカーに必要な"センス"を身につける