1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!

親子でチャレンジ

2010年12月 6日

【前編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!

キーワード:コーディネーショントレーニングヴェルディ練習

ジュニア、ジュニアユース、ユースと、育成年代において多くの実績を残し、そのトレーニング手法には定評のある東京ヴェルディ。ここでは東京ヴェルディジュニア監督の萩村滋則さん、ジュニアチームコーチの亘(わたり)崇詞さんに、お父さんと子どもが1対1でトライできる「コーディネーション能力を高める」メニューを紹介していただきました。コーディネーションとは、周囲の状況から必要な情報を目や耳など五感で察知し、正確にカラダの筋肉へと命令を伝え、正しくカラダを動かしていくという一連の動作のこと。「サッカー選手の基本的な動き」をスムーズに行えるよう、こうしたメニューに取り組んでみてください。

■チャレンジ01 お父さんの投げたボールを子どもがキャッチ!

000475イ.gif

お父さんがボールを投げ、子どもがそのボールをキャッチするというシンプルなメニュー。お父さんが「1」と言いながら投げたボールは、子どもはワンバウンドでキャッチ。お父さんが「2」と言いながら投げたボールは、子どもがツーバウンド、「3」ならスリーバウンドでキャッチ。つまり、お父さんが言った数字の数だけボールをバウンドさせてから、子どもがキャッチするというルールです。はじめのうちは、子どもの目の前へボールを優しく投げ、慣れてきたらいろいろな方向や、ボールスピードにも変化をつけながら、ボールを投げ入れてみましょう。バウンドの数を頭に入れながら、ボールの落下地点へと走る動作が、コーディネーション能力を高めていきます。

000475111.jpg

コレが身につく!
ボールのスピードと方向を見極めて、落下地点へと走りこむ動作は、サッカーの基本。ボールへのスムーズな「リアクション」が身についていきます。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!